とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

隠し剣 鬼の爪

誰にも「この監督は、ツボなんだなぁ・・」って監督が、一人や二人はいるんじゃないかと思います。「こういうストーリー展開、ツボなんだなぁ・・」とか、「こういうヒロインに弱い」「こんな男性の描き方に弱い・・」とか。
山田洋次監督は、まさにワタシのツボ。いや、トラさんシリーズを全部観ているとか、そんなんじゃなくね。「幸せの黄色いハンカチ」「遥かなる山の呼び声」「学校」シリーズ。特に「遥かなる山の呼び声」は、大大大好き。ラストでは、いっつも目が腫れそうになります。『たそがれ清兵衛』にも号泣でした。
『隠し剣 鬼の爪』。永瀬君と松たか子ちゃん、吉岡秀隆君に田畑智子ちゃん。キャストも文句無し。松たか子ちゃんファンとしても楽しみにしてました。ようやく観ました。『隠し剣 鬼の爪』(なぜか連呼)。

『たそがれ清兵衛』を更に練り直して、もっと「愛情」部分に重きを置いて作った・・と、申しましょうか。欲が無く、質素につましく暮らしているお侍さんの生き様です。
これは、評価が分かれる物になったのではないでしょうか。片桐と言う侍を永瀬君が演じていますが、清兵衛と片桐の設定がそっくり。違うのは、片桐が独身であること。他にも「微妙に違うけどそっくり」な設定が幾つも見られ、この部分で「清兵衛の焼き直し」「二番煎じ」と受け取られ、低い評価になってしまう面があるのではないかと思います。キャストも被らせてあって、ここは監督の遊び心なんでしょう。これが嫌な人は、絶対に良い評価にはならないでしょうね。

さて。私はどうだったかと申しますと。結局、最初の言葉になりますが「山田監督はツボ」なんです。コレはこれ。大変感動いたしました。ドドド・・っと押し寄せるような激しい感動ではなく、じんわりとした静かな感動。
どうしても「清兵衛様」と比べてしまって困ったもんだぁな・・と思う面が多くあったのは確かです。観る前は、真田さんの深くて重みのある芝居に永瀬君がかなう訳無いよな・・とか思っていましたし。ところが。意外や意外。この永瀬君がなかなか良かった。腰の据わったというか何と言うか。まず、声の出し方から意表を突かれてしまいました。立ち居振る舞いも堂に入ってます。この時点で、ワタシの評価は簡単に上がるワケです。単純!(笑)
で、やっぱし松さんは美しい。可愛い。上手い!!控えめで一生懸命な娘を見事に演じ切ってました。
身分違いの恋。最初はピンと来なかったのですが、そうか。士農工商ってのがありました。農民の娘で、お侍さんの片桐の家に奉公に来ていたきえ(松)と片桐(永瀬)の恋は、叶うわけも無い物だったんですねえ。片桐を「旦那はん」と呼び、せっせと奉公するきえの姿は、なんとも健気です。そんなきえを 妹のように慈しみ大切に思う片桐の優しさ。・・・沁みます。
途中、片桐は藩命を受け刺客となります。斬りたくない相手を斬りに行かねばならない。そして、相手の最後はあまりにも呆気無く・・。清兵衛様の場合、斬り合いシーンがやや長すぎた感があった様に感じたのですが、コチラは呆気なくてビックリ。
しかし、斬り合いの最後からラストまで、ここで一気にスパートが掛かったように見せてくれました。このあたりまで、タイトルの「隠し剣 鬼の爪」って一体何なん?って思ってたんですけど。なるほど、そういう物だったのか。納得。

焼き直しだ何だと言われようと、私は大変好きな作品です。(結局、いっつもこう書いている気がする・・)
[PR]
by pannie | 2005-09-11 01:46 | 映画 (日本)