とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

天国の本屋 恋火

「ワンダフルライフ」について書いたら、「天国の本屋」の話題が出たので。(藍*ai さん、話題をありがとう)
この2作品、匂いが似てます。

「天国の本屋」で突然アルバイトをするハメになった、リストラされたピアニスト町山健太(玉山鉄二)。訳が判らぬまま、店長(原田芳雄)の言いなりになるしかなく、仕事を始めます。

そこは「地上」で言うと田舎町。美しい田園風景と、広い道、広い家。町並み。
様々な人が生活するその町で、ピアニストだった桧山翔子(竹内結子)と健太が出会います。
翔子には、「地上」に翔子ソックリな姪・香夏子がいます。翔子と健太が「天国」で出会うのと同じ頃、「地上」では香夏子が翔子の過去に大きく関わる人物と出会おうとしていました。
「天国」と「地上」。同時進行で、翔子が現世で抱えてしまった傷を癒す道が少しづつ開かれるのです。

「恋火」とのタイトルからもわかる通り、花火が鍵になっています。
そして、花火を生み出す人が、一番の鍵。
この花火師を香川照之さんが演じていますが、流石!「役者っ!」です!
演技もすごいが、衣装も凄いぞ。あんな服(下着?)、どこで見つけてきたんかと思いましたヨ。
これが又、似合ってて・・・。
竹内結子と香川さんの二人芝居があって、ここが大変見応えがあります。
私、竹内結子が上手いかどうか、いまひとつ決められないんですけど(別に決めなくてもいいが)、このシーンはめちゃめちゃ迫力ありました。香川さんにググッと引っ張り上げて貰って、そうとう力も入っていた事でしょう。
特典で、監督さんも言うてはりました。このシーンはスゴイ。と。

この監督さん、「深呼吸の必要」と同じ人なんですね。(しまねこさん、情報ありがとう)
なるほど、良く似た雰囲気してます。両方に香里奈ちゃんが出ています。
香里奈ちゃん、とてもよい感じの女の子です。

出来ばえとしては、あと1歩・1味、何かが足り無い様な感じをうけましたけども、私は好きです。
特に何が好きかって、本屋のセット!!舞台での芝居を観ているようでした。
あの本屋、実際にあったら行きたいわぁ。
[PR]
by pannie | 2005-09-28 00:34 | 映画 (日本)