とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

メゾン・ド・ヒミコ

小さな工務店(?)で事務員として超地味~に働くサオリ(柴咲コウ)の元に、ある日突然春彦(オダギリ ジョー)が尋ねてくる。
春彦は、若くて美しい容姿と何とも不思議な雰囲気を持っていた。
彼は、かつてサオリと母を捨てて出て行った、サオリの父のオトコだった。
春彦は、金に困ってるサオリにバイトの話を持ちかけに来たのだった。
サオリの父が作ったゲイの為の老人ホームで、週末に雑用をしに来ないか、と。
サオリの父は、病に付しており余命いくばくも無い状態だった・・・。


私、タイトルしか知らなかったんです。
ジャケットを見て、そういえばこの2人の映画だったっけな。
確か、韓国で好評だってニュースを読んだっけな。観てみるか・・。
って軽い気持ちで手に取ったんですけども。

またもや、ゲイのお話でした。 ビックリ。

そして、これがまた良かったの。すごく・・。すごく良かった。
監督は『ジョゼと虎と魚たち』の 犬童一心さん。
何気ない日常の中にいる、ちょっと特異な人たちを描かせたら この人の右に出る監督は今いないんじゃないだろうか?
・・・なんて、私の知識で言えた事じゃないんですけどね。

ゲイの為の老人ホームだからね、ゲイのおじいちゃん(おばあちゃん?)が数名出てきます。
若い子も一人いたな。
バイトの為にホームに足を踏み入れたサオリは、最初は「ギョッ」「ゲッ」「うへぇ・・」
な表情しか見せません。
ところが、同じ時間を過ごす中でその心を知るにつれ、本人が気が付かないうちにサオリの中でホームのみんなへの気持ちに変化が現れます。
徐々に、みんなの中に溶け込んで打ち解けていくんです。
けど、父親がカミングアウトして自分と母を捨てた事を、サオリは決して許せない。
サオリは母が悲しみの末に死んで行ったと思い込んでいたのです。
ところが、父親から知らされた事実はちょっと違っていました。

みんなと仲良くなりつつも、身勝手に見える考え方に対しては、あからさまに反発して嫌悪感をあらわにするサオリ。
だけど、反発するんだけど・・・自分でも説明をつけられない感情を抱くようになっていて、サオリはすごく揺れるんです。
そんなサオリを見ている春彦も、少し揺れます・・・。


内面は女なのに、男として生きる努力をしている人の苦悩と苦痛、息苦しい思いを見事に伝えてくれる作品です。
なんだけど、その伝え方が重くない。ぜんぜん、重くない!
全般にわたって、あくまでも柔らかくて優しくて、切なくて美しい。
外見がまるっきし男性のおじさんが、ドレスを着たりスカートを履いたり、それは確かに滑稽で似合わない姿です。
今、例えば家の前をそんな人が通ったら、そりゃもう腰を抜かしてしまうでしょう。
でも、この作品の中にいる人たちの姿は、可愛くてたまらないって感じてしまう。
ずっと我慢して耐えて頑張ってきてたんだって思うと、全然似合わないドレス姿に涙が出てしまいますよ。

劇中に、ある人の長年の思いをかなえる為に、夜遊びをしに行くシーンがあります。
切なくて悲しくなってしまうシーンです。
だけど、そこを弾けて踊りまくって吹き飛ばしてしまう皆にお腹抱えて笑っちゃいました。
踊るシーンは、好き嫌いが分かれそうなんだけど、私は好きだなぁ。
また、ここのオダギリジョーさんがカッコいいのよ。上手いとかそんなんじゃなくて。
コウちゃんも、楽しそうだった。
踊りのシーンだけ、何回も観ちゃいましたよ。

せっかくこの世に生を受けたんだから、死ぬ瞬間くらいは自分らしくいたいですよね。
人生の間中、ずぅっと自分らしくいられてる人がどれほどの数いるんだろうか?・・とか思ったりして。
何て言うのかなー。何なんだろうなー。
なんか、とにかく。人に生まれてきて良かったよ。・・みたいな。
そんなあったか~い気持ちがいつまでも尾を引く作品でした。

b0031606_15234284.jpgそうそう。音楽が細野晴臣さんでした。
もう、最高に素敵でした。
もう一つ。ちょいちょいしか出てないのに、かなりオイシイ役で西島秀俊さんも出てます。
オダギリ ジョーさんとのツーショットが、何故か甘く見える・・。
[PR]
by pannie | 2006-06-18 15:24 | 映画 (日本)