とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カンナさん大成功です! 「美女はつらいの」

一足早く観ましたが、これは最高です。
笑って、泣いて、キュンとしてホロリ・・。最後はメッチャ泣きました。
一瞬だけ、ボムさんが出ているから観たんですけど、思いのほか面白く、凄く良かった。
「猟奇的な彼女」並のバランスの良さです。

巨漢のカンナさんが、憧れの人に近づく為に整形とダイエットで別人に。
人気歌手のゴーストシンガーだったカンナさん、歌の上手さは抜群。
憧れの人は、ミュージシャンのプロデューサー。
上手い運びで(ココ、突っ込まないこと)彼のプロデュースの元、新人歌手としてデビューを果たす。
彼にやっと近づけたけど、日常の会話の中で、彼は「整形してる女は彼女にしたくない」と言い放つ。
彼は何も知らずに言ったとはいえ、整形美人のカンナさんはショックでショックで・・・。

さて、カンナさんの恋と仕事の行方や、いかに。


ってな内容です。
カンナさん、巨漢でも整形美人でもとっても良い子。ステキな性格美人の女の子です。
その歌の上手さといったら、それはすごいです。迫力あります。
めっちゃ上手くて、しかもこれが吹き替えじゃなく演じているキム・アンジュン自身の歌だから、余計凄い。めちゃめちゃ心に響きます。
これ、スクリーンで聴いたら迫力あるだろうなぁ。
しかーも。
巨漢は彼女を特殊メイクして作り上げ、映画では整形美人になる外見が、本物の彼女。
整形していない外見を、映画では整形美人として採用されるなんて・・。
確かに、めちゃめちゃカワイイです。スタイルも、良過ぎじゃないかと言いたくなる位、良い。

カンナさんが恋焦がれるプロデューサーには、チュ・ジンモssi。
この人、男前なのだけれど、作品ごとになんかイメージが全然違う役者さんですね。
今回の役、外見とか声のイメージがすごく合っていてピッタリでした。
ちょっと細川茂樹っぽい雰囲気が入ってるように見えたのは、アタシだけかな・・。

配役も物語りも良くて、観る物を楽しませてくれるエンターテインメント作品だと思います。
韓国映画は、必ずといって良いほど親子愛を組み込んでますが、これも同じ。
施設で暮らすお父さんとカンナさんとの関わりには、胸がほんわりと熱くなりました。
少しの場面なんですけどね。

良い映画でした。

公式HP
[PR]
by pannie | 2007-12-07 11:38 | 映画 (韓国)