とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

カテゴリ:映画 トニー・レオン( 6 )

2006年最初を飾ってもらうのは、やっぱりコレしかないでしょう。
観たのはエライ前になりますが、気にしない。

劇場へは残念ながら足を運べず、無念の涙を飲み・・
新作でレンタルに並ぶやいなや、連日空っぽのケースが並んでいるのを眺める日々を重ね。(買えばいーじゃん・・と、言わないで・・^_^;)
ようやく持ちかえれた時のドキドキ感。
観たいと思って観る作品は、この観る前のドキドキ感もたまらないのだ。


ヤン殉死の後、ラウは正しく生きる事が出来たかどうか。
ここで語られるのは、この1点のみだったと思う。
そこへ、ラウの思いとは裏腹に絡んでくる、周り(敵)の感情。
誰が敵で、誰が味方か。

己の生きる場所を守るために、ヤンを撃った。
突如として目の前に現れた潜入仲間も撃った。
そして、守り続けるために嘘をでっち上げる。
全ては任務の為との判断から、処分は一時的な異動のみ。
ラウは再び、明るい場所で正しく生き続けられるはず・・・だった。
そこへ、思わぬ敵が現れ、ようやく終わったと思えたラウの戦いが又始まってしまう。
ラウは、また自分を守るために密かに動き出す。
結果やいかに!!!

いつか、どこかで読んだか聞いたか・・・
「運命は変えられるけれど、宿命は変えられない」
そんな言葉が頭を巡った。

レオン・ライ演じるヨンの不気味さがいい。
いつもピリピリしていて、冷淡な口元と目元には隙がなく、インテリチックな男前加減が又憎たらしい。
一体何を企んでるのか、随分長い間理解不可能だったのが、ある瞬間に
「ほっほーーーーーーっ!!そうだったんか!!」
一気に感情が湧き出て感涙。
「なんてこった・・そうだったんか・・そうかぁ・・」
と、意味不明な言葉だけが口を突いて出てきた。

そして、ラウが徐々に壊れていく様が圧巻。
アンディ・ラウってやっぱり凄い人やったんやわ。
ラウのラストシーン。なんて哀しい・・・。
ただただ、愛しいと思わずにはいられなかった。

私の一番のツボは、チェン・ダオミンが演じた髭オヤジ「シェン」。
これがまた不気味で・・(笑)
ヤン、ヨン、シェンの3人が揃うシーンが一番好きだ。

時間軸が行ったり来たりして、把握しにくくて困った時が何度かあったけれど、後半で全てがきれいに繋がる。
序盤しばらくは、これってどうよ・・・・? と違和感があったけれど、段々そういうのは取れてきた。
最後まで観ると、どうでも良くなってしまった。

やっぱり、いい物はいい!
シリーズ物となると、回が進むに連れて段々力が落ちてきて、最後はコケにされる物も多い世の中で、ここまで力強く抜かり無く作られている作品は珍しいのじゃないだろうか。
(ハリーポッターも中々の物だけど・・・比較対照になる内容ではないなと思う←きっと、誰もが思う)

役者のカッコヨサ、上手さ、ストーリーの面白さ。
どれを取っても、極上のシリーズだと思う。



ミーハー的発言をさせてもらうと、トニーが思いがけず沢山出てきて、喜んだ≧▽≦
[PR]
by pannie | 2006-01-07 02:27 | 映画 トニー・レオン
昨日は、トニー・レオン様のお誕生日でした。43歳になられたそうです。おめでとうございます☆彡
ウソみたいに、若いです。見えません、見えません!!
トニーは、ずっと若い頃からあんまり変わっていないという印象があります。
もしかしたら、昔は 若干年齢より上に見られていたのかもしれません。10年前のフィルム見ても、ホンマに変わった感じがしません。

b0031606_0343987.jpg
ちょうど10年前の作品「裏街の聖者」のトニーと、最近の「インファナル・アフェア」「韓城攻略」のトニーを比べましても・・・おんなじデス。全然10年も年を取った様子がありません。
近くで見れば、色々違うのでしょうけれど・・・。

黒い世界から時代劇、3流のラブコメまで(失礼)、大変幅広く何でもこなしてしまう。あ、でもカンフーは、頑張ってるって感じがする・・。そこが、また良いのです。
「若手」時代から「ベテラン」の今日まで、トップを走り続けています。
インタビューの時に見せる表情は、大変丁寧で律儀で紳士。育ちの良さをぶんぶん漂わせてますが、いざ黒い世界を演じると、ホンマに怖い顔になったりします。どっか、一本切れたみたいな表情されると、ドキっとします。大丈夫だろうか・・?と。

b0031606_0325331.jpgb0031606_0335699.jpg
「インファナル・アフェア」シリーズのカッコヨサは御存知の通りですが、他の作品をまだ知らないのでしたら、是非「裏街の聖者」を手に取って下さいませ。
大味なストーリーは置いときまして、髭とタバコとギターがあまりにもハマり過ぎている、あのシーンを見てしまったら・・・。絶対、離れられませんよ。(写真、左右で10年位違うとは思えませんでしょ?)  

こんな事書き連ねている私ですが、まだまだ知らない作品が山のようにあります。
時間はかかるけれど、一つ一つ大切に観て行きたいと思っています。
[PR]
by pannie | 2005-06-28 00:37 | 映画 トニー・レオン

b0031606_052566.jpg

み・・・・・・観た。 劇場に行けなかったので、この日を待っていました。
ようやく観れた、若き日のヤンとラウ。

あーーっ!!もう!!! 叫んでもいいですかっ!?

めちゃくちゃ よかったぁぁぁぁぁーーーーっ!!!

・・・・・。 以上。 あれこれ、細かい感想を書くのは野暮。無駄。

好きでない人は、それでいい。 とにかく、私は、好き。

若き日の二人が現在の姿になるには、ちょっと年数にムリがあるような気がするような気もしないわけでもないけど、ま、気のせい気のせい。いいのいいの、これで。

あー。【終極無間】が観たい。 
[PR]
by pannie | 2005-04-22 00:53 | 映画 トニー・レオン
よかった!   よかったですよ。『英雄~HERO~』。ネタバレ、ばんばんしておりますので、ご注意下さい。
ジェット・リー、凛々しかった。マギー・チャン、美しかった!
チャン・ツィイー、可愛かった!秦王のおじさん・・チェン・ダオミンという方だそうですが、貫禄ありました。で、トニー・レオンですよ。やっぱり。
b0031606_16565340.jpg

何やっても決まるって罪だ。・・・俳優だから当然なんでしょうが、この作品の中で4種類の「残剣」を演じ分けております。

ストーリーを簡単に言うと・・。
絶大な戦力を持つ秦王(チェン・ダオミン)の前に、「暗殺を目論む3人の刺客を成敗した」ので褒美を賜わりたい、と無名(ジェット・リー)という男が訪れた。無名は秦王から「どのように刺客達をやっつけたか」と尋ねられて成り行きを説明したが、「それは嘘だ」と秦王に見破られる。真実を探り当てようとする秦王の想像と無名が語る真実とが絡み合い、ラスト、無名は心に秘めていた「使命」である「復讐」を真っ当しようとする・・・。

この2人が語り合うシーンの合間に、無名の嘘、秦王の想像、無名の真実、現在、が織り交ぜられて話が進みます。
で、それぞれを全く違う「色」で表現しており、強烈な印象を残します。
特に、最初の「嘘」に「赤」を持ってきた事により、深く強い印象を残しておいて、その後に白、緑、青という淡白な色を連ねて来た手法にはやられましたね。
「赤」の残剣の嫉妬に満ちた視線と、「緑」の正義を悟った落ち着いて穏やかな視線との対比が残剣の言葉を強く引きたてていると思いました。「青」では穏やかな中に、戦うしかない運命への悲しみが・・。
残剣の言葉を胸に復讐へ向かう無名が黒を纏って秦王を尋ねる。
硬く強い意志を抱いてようやく秦王の前に辿り着いたはずなのに、語り合ううちに残剣の言葉の真意が無名にも判ったのか、復讐を踏みとどまったのですね。
最後、去って行く無名の成敗を決断せざるを得なかった秦王の心中の苦しみは、赤い旗をヒラヒラさせて武装している膨大な数の兵士たちにはわかる由も無く・・・空しい現実でした。

登場人物の魅力は申し分なし、映像は美しいし、アクションもカッコイイし(ワイヤー多用過ぎ・・との声もチラホラでしたけどね~)、伝えようとしている事も1本きっちり通ってるし。
こういう作品は好きですねー。堪能しました。
[PR]
by pannie | 2004-11-21 18:02 | 映画 トニー・レオン
b0031606_1541017.jpg
トニー・レオン続きます。
これを観た時は、かなり大きな感動が残りました。
基本的に黒社会には共感出来ない私。なので、かっこいいとは思いつつ、どこかで「それにしても、この生き方はなぁ」と思ってしまう。
韓国映画の『友へ チング』でも、最後まで硬い友情で結ばれていた姿にはちょっと涙が出たけれど、感動は出来なかったんです。

そんな私でも、これは大感動してしまいました。こんなに感動するとは思っていませんでした。自分で自分がよーわかりません。黒社会には共感出来ないんじゃなかったっけ??
・・・そんな事はどっかに吹っ跳んでいったんです。
どの場面も目が離せない。最後まで緊張しっ放し。ストーリーにぐぐぐっ・・・っと引き込まれてしまいました。
幸せな話しではありません。悲しい世界です。涙もろい私は、最後にはやっぱり涙。。。。
怒りを覚えたし、納得出来ないし、あまりにも悲しいし・・。この「悲しい」には二通りの悲しいがあって、それは観て判って頂きたいと思います。
ご覧になった方の中には「なんでやねん!」と怒りだけが残って、感動なんてとんでもない!と言う方も沢山おられるでしょう。本来、私もそっちのはずなんですけれど・・・?
多分、主演2人がカッコよすぎたんですね。うん、きっとそうだ。(笑)
もう、2人のカッコヨサにも涙が出たくらいですから。
まだの方、オススメ致します。

b0031606_1542399.jpg
おまけ。こっちはオチャメな『東京攻略』のトニーです♪
[PR]
by pannie | 2004-11-07 01:56 | 映画 トニー・レオン
b0031606_0531412.jpg


トニー・レオンと言えば、今はやっぱり『2046』。ま、そうでしょう。
木村拓哉ファンの中にも、トニー・レオンの魅力に参った人が大勢いるはず!
ま~~、カッコイイですから!とにかく、カッコイイ。
私がトニー・レオンを好きになったのはホンノ1年と少し前。その昔『恋する惑星』が流行った時に、テレビで放送されたのを観た事はあったけど、名前まで覚えていませんでした。情けない!
で、トニー・レオン作品を観るきっかけは、レスリー・チャン。彼の悲しい事件がきっかけでした。・・・香港俳優さんの名前がろくに一致しなかった私でも、レスリーの顔は知ってて、よく来日もしていたし、ショックでした。なんで、もっと彼の作品をみておかなかったのか?と思い、次々と借りて来ては観ていました。
その時に『楽園の瑕』でトニーに「ガッツーーーン」と。(*^_^*)
いやーーーーーー。いや、もう(笑)  ステキです、トニー・レオン。で、次は彼の作品を・・・(笑)
トニー・レオンって、昔も今も殆ど変わらないんですね。年取ってない。
コメディも、黒社会も、恋愛も、実にそつなくこなし、嫌味が無く、スマート。

で、この『ロンリー・ウルフ』のトニー・レオンが、もう、なんでやーーーーっ!!・・と叫びたくなる程、カッコイイんですよ。
ストーリーは二の次でいいんですよ。トニーのカッコ良さを見せる為の作品みたい。
二の次なんて言いましたけど、ストーリーも悪くないと思います。判りやすい。
まぁ、殴り合いとか血の出るシーンも盛り沢山ですが笑えるシーンも結構あるし。
ホロリとなって、ラストは「!?・・・・エーーーっ?この気持ちは、どうしたらいいの??でした、私は。

ちなみに『東京攻略』のトニーもカッコイイし、こちらはかなりオチャメです。(^^)v
観たいのは『裏町の聖者』『悲情城市』。なかなか無いんですよね・・(T_T)
『インファナル・アフェア』は文句無しです!悲しいけど・・。
一番好きなのは『月夜の願い』!!DVD欲しいーーーーー!!
[PR]
by pannie | 2004-11-05 01:09 | 映画 トニー・レオン