とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:映画 熊澤尚人監督( 8 )

虹の女神をスクリーンで

これ、熊澤監督のカテにするか、山中聡さんのカテにするか、悩んだんですけども。
熊澤監督にしました。

来週の12/16(木)の夜に一日だけ、新宿の劇場で上映されます。

「6memorials 岩井俊二×熊澤尚人×石川寛の世界」

お近くの方、少し足を伸ばせば行けるって方、あの作品の感動を、またスクリーンで感じる事ができます。
足を運んでみてはいかがでしょうか。
当日券があるそうですので、問い合わせてみて下さいね。


*このブログでの案内に関しては、主催者様よりご了承いただいております*



[PR]
by pannie | 2010-12-11 00:50 | 映画 熊澤尚人監督

おと な り

古いアパートの隣同士、お互い相手が男だな、女だな・・・くらいの認識で深くは知らない。
壁に耳を寄せるとハミングさえも聴こえてくるような環境で、迷惑をかけない程度に気をつけながら生活しつつ、相手の「いつもの音」「いつもの声」に、心が少しだけ反応する。
生きていれば、上手く行かない時があり、人に裏切られる事もある。
誰にも話さず乗り越えようとしても、無理だと感じる時がある。
そんな時、いつもの音が聴こえて来るだけで、心がほぐされる。

良い人とばかり出会えるわけじゃなく、世の中には信じられないほど嫌な奴もいるもんだ。
そういう奴に出会っても、運命を感じる瞬間ってのは少しずつ近づいてきてたりする。
そして、運命ってのは沢山の偶然の積み重ねの末に、ひょっこり訪れたりする。
でも、その運命をぐっと自分の方に引き寄せるには、少しの勇気と自分が動かないといけないのだ。


も~~~・・好きでたまらん。
隅々まで熊澤ワールド。
とにかく、優しくて柔らかくて綺麗。
無駄な台詞は、なし。
すんごい喋る女の子は出てくるけど。
そこここに散りばめられている、運命を感じさせる伏線。
少しずつ、少しずつ近付く二人の空気に、胸がきゅんきゅんする!
全部が繋がった時の、2人の表情が可愛過ぎる。
ホンットに、好き。こういうの。


暮らしているアパートは、古いけどすんごいお洒落。
二人の仕事は、カメラマンとフラワーデザイナの卵。
「ニライカナイからの手紙」「虹の女神」のような等身大とは、
ちょっと違う雰囲気の設定。
こういうお洒落な生き方できればいいな・・って、少し憧れる。


麻生さんの歌声が心地よく響く。あまり喋らないけど、ちょっとした音に反応した時の表情から、
彼女の頭に浮かんでいる言葉が判るような気がする。
反対に、関西弁でまくしたてるように喋る、第一印象「うっとうしい」女子の谷村美月。
ズケズケ遠慮がなくて常識もなくて勝手でうるさい彼女のキャラが、時間を追うごとに
健気に思えてくる不思議。

岡田君の表情一つ一つがオトコマエで目の保養になり。
もう1人の岡田君には、ドン引き。
2人の岡田君、違う意味でそれぞれ素晴らしい。

可愛らしい大人のラブストーリーでありながら、クールに一歩引いたところから
色々な人生を見せている、ヒューマンストーリーでもある。

全体的な印象は、「可愛い♪」なのだ。
それは、ラストの2人が可愛過ぎるから。
エンドロールも、可愛いから。



[PR]
by pannie | 2010-11-10 11:40 | 映画 熊澤尚人監督
公式サイトの表紙やらなんやらが、だいぶ変わってました。
表紙からいきなり三浦君が可愛すぎますっ。
予告ムービーで、とことんもってかれます。
すんごい、いい!!
光の差し方が、めっちゃ温かくて柔らかくて、素敵過ぎる。
予告だけで、じゅ~~ぶんに熊澤監督の世界を堪能できます。
素敵!


君に届け 公式サイト
[PR]
by pannie | 2010-08-04 00:10 | 映画 熊澤尚人監督

虹の女神 Rainbow Song

感想は、山中聡さんのカテゴリの チラ に書いてます。

熊澤監督のカテゴリを追加したので、リンクしとくためだけの投稿。




山中聡さん、また熊澤監督の作品に出て欲しいな。
私はきっと、むっちゃしあわせな気持ちになるに違いない。
[PR]
by pannie | 2010-07-22 12:51 | 映画 熊澤尚人監督

ダイブ!

熊澤監督作品ですからね。私としては、安心して落ち着いて観られます。
飛び込みでオリンピック出場を目指す、男子中高生の一夏を追いかけた物語。
当然、プールのシーンが多い。
引き込まれるのは、プールよりも、空。 空が、とても綺麗。

よくある青春ストーリーで、いまひとつメジャーとは言えない「飛び込み」という競技を取り巻く大人の事情が絡んでくる。
夢を追いかける10代の少年少女の物語では、いつも大人が少しだけその夢の邪魔をするのだ。
主役3人の瑞々しさが画面いっぱいにあふれ、明らかに彼らのおかーちゃん世代である私には、ただただ微笑ましくて可愛らしく映った。
悩んで、落ち込んで、悔しがって、泣いて、それでもやっぱり夢を追いかける。
追いかけるものがあるのは、ラッキーだし幸せな事だ。
そこに導かれるまでの色々は、一人ひとり違う道筋を通ってきているけれども、目指す場所が同じ者同士は、どこかで強く繋がり合う。
飛び込みは個人競技であるけれど、1人だけでは決して味わえない喜びを感じる瞬間に出会う。
そういうことを、体で実感する大切な時。
まさに、一瞬一瞬を目イッパイに生きる姿が美しい。
素直に、そう思える作品です。

子供達が彼らと同じ世代になったらば、ぜひ観て欲しいと思います。

ダイブ!紹介ページ


[PR]
by pannie | 2010-06-22 00:31 | 映画 熊澤尚人監督
だいぶ前にニュースになってましたが、HPが出来てたのでアップしておきます。
大好きな熊澤尚人監督の新作。
三浦春馬クンが出るのよ~~。このキャスティングは嬉しい!
多部未華子ちゃんも割りと好きな女優さんなので、大変楽しみです。
また原作がある作品らしいですが、私は今回もどんな話か知りません。
なので、まっさらな気持ちで観られそう。
9月公開です。楽しみです。

君に届け 公式HP
[PR]
by pannie | 2010-05-31 00:05 | 映画 熊澤尚人監督
熊澤監督の新作です。
今年の初夏公開ってなってます!

「おと・な・り」

麻生久美子さんと岡田君なんですね~。
なんか、またまた良さそうな雰囲気です。
楽しみー!!

「雨の翼」は短編って言えるのかな?
ブラッディ・マンデイの藤井美奈ちゃんが出てて、初々しくてとても良かった。
早く「ダイブ!」も観なくては!

ニライカナイからの手紙 感想
虹の女神 感想


    
[PR]
by pannie | 2009-01-31 01:39 | 映画 熊澤尚人監督

ニライカナイからの手紙

b0031606_23154267.jpg沖縄の竹富島で暮らす、幼い女の子とお母さん。
大好きなお母さんは、愛する娘には言えない事情が出来て、1人東京へ行ってしまう。
「必ず迎えに来るから、いい子で待っていてね!!」
大きく手を振って、船に乗って行ってしまったお母さんを、女の子は約束通り「いい子」にして待っている。
お母さんからは、誕生日ごとに手紙が届いた。
女の子は、毎年擦り切れるほど繰り返してその手紙を読んで、遠くにいるお母さんを想った。
女の子にとって、お母さんからの手紙は宝物・・。


いつか、自分がこのお母さんと同じ状況になるようなことがあったら、
私も同じ事をしようと考えた事がある。
どれだけ私が子供たちを愛しているか、思いの全てを伝えておかなければ。


竹富島の風景と沖縄言葉の響が美しく、主演の蒼井優ちゃんの雰囲気と声がとても心地良い。
母親を演じたのは南果歩さん。
母親のシーンは多くないけれど、彼女の声の、細いけれども圧倒的な表現力に、号泣・・。
そして、ただ静かに孫を支えるじぃじと、温かく彼女を包んであげてた島の人たちに涙。。。

なんで、こんなに泣ける?
私が、娘を持つ母だからか・・?

それだけでは、ない。
確かな理由をあげることは難しいけれど、誰もが必ず持っている心の中の何かが、
彼女(蒼井優)の心と一緒に揺れるのだ。



熊澤監督、新作は【虹の女神】。
つい最近、【親指さがし】が上映されてました。
ステキな監督さんだと思います。
[PR]
by pannie | 2006-10-14 23:14 | 映画 熊澤尚人監督