とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:フリーター 家を買う( 5 )

ようやく録画してるのを観た。
次の放送に間に合ってよかった・・。

っていうか、もう。
てっぺーーーー!!哲平!!!!
もう、丸ちゃん、可愛い可愛い可愛い可愛い・・・丸ちゃん、めちゃめちゃ可愛いっ!!!!

ホンット、可愛かった。
痛かったし辛かったし気持ちが揺れたし悩んでた、そういう哲平を見てると涙が出ました。
あかりちゃんと食べるプリン、しみじみ美味しかったと思うわ。

千葉ちゃんの事を励ます誠治の「この仕事始めてから色んなことを教わった」って言葉。
途中から、「この仕事を始めて、お前と出会って」って内容に変わってて、可愛かった。
たこ焼きのマヨとか焼き芋の皮なんて、土木の仕事じゃ教わらんでしょ。

怪しい印鑑&表札屋が、どこまで食い込んで来るんだろうか。
隣のおばさんも気の毒な人なのだとは思うけど。
色々反省して、生き方変えないと何も良くならない。
そこに、いつ、どうやって気がつくのか、とても気になる。


撮影中に、丸ちゃんのお誕生日をお祝いしたそうです。 レポはこちら



[PR]
by pannie | 2010-12-06 17:03 | フリーター 家を買う
予感はあったよね、予感はね・・・!!
哲平、いつかきっと怪我するんやろうな・・って、思ってた(T_T)
あかりちゃんが、土木の人と結婚したくない理由に事故の事を挙げた時から
なんとなく、きっと丸ちゃんが怪我するんやって。
それは予測できてたけど、思いがけず大事故やん!!!
哲平ーーーーーっ!! がんばれっ!!!
あかりちゃんと、[オムライス プリン付き]を食べに行くのよっ!!

これは、本当にとてもとても素敵なドラマだ。
みんな、泣きながら生まれてきて、生まれる時には沢山の人が無事に生まれることだけを祈ってくれて、大人になるにつれて色んなことが変わったように思えるけれど、根底にあるものは何も変わらない。
変わらないことに気がつかないまま過ごしているから、すれ違ってしまう。
すれ違いが重なって、心が通わなくなってしまったと感じてしまう。
きっと、そういう事なんだろうと思う。


それでも何でも、私は、あのオヤジのあの言葉使いや態度について、多めに見てやろうと思わない。
誠治や亜矢子が優しく育ってくれてて、よかったね・・って思うわ。
理解してくれて、良かったねって、思う。妻に感謝しなさい。言われなくても、ちゃんとしているんだろうけど。


千葉ちゃんが、哲平の事故以降落ち込んでしまうようだけど、またちゃんと夢に向かって前に進めるようになると信じている。
哲平は、ちゃんと元気になって仕事に復帰して、あかりちゃんとデートしないとね。
亜矢子は、姑と腹を割って話し合える日が来るといい。
姑も、きっと嫁入りの頃には苦労しているのだろう。
亜矢子にキツク当たるのは、自分もそうされてきたからだろう。
でも、そうじゃなくって。自分がされて辛かったのなら、しなければいいのに。

あと、武家最大の謎。母さんは、なぜあのオヤジと結婚したのか。
それが、いつか明かさるのかな?
亜矢子が出来ちゃったからよ~~・・ってなりそうな気がする。
で、そのことをとても喜んでくれたのよ・・・って、そんな気がする。
もしそうだったら、亜矢子にとって、これほど幸せな事は無いと思う。
[PR]
by pannie | 2010-11-24 16:47 | フリーター 家を買う
なんて優しい息子。そして、娘。2人とも良い子や。

ゴミ事件の真相を知ってからの誠治の行動は、とても大人だった。
ブラインド越しに見た、隣のオバハンの言動に、はらわた煮えくり返る程だっただろうに。
その感情を、あの目線だけで強烈に伝えてくるあのシーン・・・すんごい好き。
そして、母さんとの対話。
「西本さんって・・わかってたの?」から、「もう聞かないから。」まで。
胸が締め付けられる思いだった。

母さんは、子供達に一言も愚痴ることなく、たった一人でずっと耐えてきてた。
強い・・・強過ぎる。本当はそんなに強くないはずなのに、ものすごく頑張ってたのだ。

父親の勝手な言動にはムカムカムカムカ・・・むかつきまくるね。
心が弱いからとか何とか、母さんにも何か原因があったんだろうとか、一昔前なら誰もがそう言ってたであろう台詞。
未だにこういう考えの人が世の中には五万といるのだろう。
そういう人にこそ、このドラマは観てもらいたいもんだが、多分そういう人は観ないんだろうな。
観ていたとしても、父親の発言に「そうだそうだ」って拍手してたりするんだろうな。
そうじゃないのに。
もしくは、自分の事を棚に上げて批判してるとか。
この父親、挙句の果てに娘に向かって、嫁に行ったくせに実家の事に口出しするなとか、口出すならお前が金出せとかっ。
母親の事を心配して何とかしたいと思って一生懸命になって、それってフツーの事なんですけど。
そーゆーあんたの金の使い方は、どうだね?
ホンットにヤナ奴。ヤナ奴・・ヤナ奴っ。

母さんがうつってことに、心を痛めて頑張っている誠治。
ぐちっていいのよ・・。誰かに、ちょっとだけ聞いてもらうだけで、頑張れる。

引っ越そう。家を買おう。
【目標 家を買う】
物欲じゃなく、お母さんの為に、家を買おう。
小さい頃、手を握ってくれた母さんの為に、家を買おう。
何をやっても中途半端だった息子の目標。
あ~~・・もう。涙が出る。


丸ちゃんの小さな恋心の行方にも、注目。
なんだか傷ついてしまいそうで、怖いなぁ。


あと、今回から眞島秀和さん登場です。
毎週登場して下さると、嬉しいな。

このドラマ、お話もすごく好きですが、キャストが私的にツボ過ぎる。



[PR]
by pannie | 2010-11-04 00:19 | フリーター 家を買う
感動ーーーーーっ。
お母さんが作業着に綺麗にアイロンをかけて
「ちゃんとしてるじゃない、工事の仕事。」
って言った、あのシーンから最後まで、ずっとウルウルぐすぐすしてしまった。
道が出来たね。道が。
達成感を知らないまま25歳になってしまった誠治の目の前に、出来立ての道路が続いて、それを誇らしげに見ている男達。

何をやっても中途半端な誠治が、うつになってしまったお母さんからだけは逃げてない。
「どんなオレでも、認めてくれる人がいる」
このことの、心強さ。


あんまり色々うんちく喋っていいドラマじゃない気がする。
辛い事もたくさん含まれていて、時々本気でムカッとなるけど。
とても良いお話だ。温かい気持ちになる。

んがしかし。
近所のオバチャンのやってることだけは・・許せん。
オヤジもね。


初回から思ってたんやけど。
丸ちゃんが関西弁のままで、良かったぁ。



[PR]
by pannie | 2010-10-27 00:39 | フリーター 家を買う
私の中で、今回イチオシのドラマ。
さすが、浅野温子さん。
「沙粧妙子 最後の事件」以来の、墜ちる役じゃなかろうか。
ピカーン♪と明るいキャラも似合うけれど、私は浅野さんの「暗」の演技がすごく好き。

昨日の初回放送では、何があっても笑顔で息子を応援する心優しい母親の「明」から、
ストレスに耐え切れなくなってうつ病に(多分なかり重い)なってしまう「暗」の表情へ移り変わってゆくさまに、背筋が震えた。
何度かCMで観たはずの「今日も死ねませんでした・・・」と背中を丸めた姿に、胸がムギューーッと締め付けられた。どんだけ苦しいんやろう・・。

何気ない言葉で、人はこんなにも傷つくのだ。

父(竹中直人)が放つ言葉のキツイ事キツイ事。
正論であても、人の気持ちを踏みにじるような言い方や、その人を全否定するような言葉では
何も伝わらない。
心の底から人と向き合ったことの無い人のように見える。
全部、他人のせい。自分は、何も悪くない・・。そういう父親。

フリーターでいることを責められて腹を立てる息子(ニノ)だけれど、あんたは父親に似ているよ。
全部、人のせい。自分は悪くない。そう思っている間は、うまくいかないと思うよ。

型にはめて人の事を判断してはいけないけれど、「こういう人は、こんな事になりがちですよ」ってパターンを上手い具合に見せてくれている。
人の気持ちを、普段の生活の中でどんだけ考えていますか?
・・・って、尋ねられているような気がする。

他にも沢山感じた事があるのだけれど、言葉にして表すのがとても難しい。

うつになってしまったお母さんを、息子はどうやって助けるんだろうか。
父親は、変わることが出来るんだろうか。
きっと、父には父の葛藤があるのだろう。
あくまでも自分が正しいと言い張り、家族を思いやれないのはなぜなのか。
姉(井川遥)は、どんな風に母を支えるのだろう。
姉が嫁いだ先での、姑のあれこれも見応えがありそう。



そして、紫のつなぎ姿の丸ちゃん・・・・かわいい☆



[PR]
by pannie | 2010-10-20 14:36 | フリーター 家を買う