とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

カテゴリ:犬を飼うということ( 1 )

初回なので、家族構成とかそれぞれの立場とか、世間での錦戸クンたち家族の位置づけとか、そういうのがメインで、スッキリよくわかるようにまとめられていましたね。
非常にわかりやすい人間関係で。意地悪な金持ち母親の娘は、同じくイジワルっぽいとか。

リストラを言い渡す若き会社員・錦戸クンの会社での使われ方も、判りやすかった。
実際にあるであろう内容だけに、考え過ぎずに「あるよね、こういうこと・・」って目線で観られるところが良かった。

無駄に明るく振舞う家族じゃなく、口やかましいながらも夫と家族を気遣う母の姿が等身大に近い感じで、現実味があったと思う。
生活を送るってのは、楽ではないのだ。
会社の仕事だって大変だ。子供にだって悩みがある。不満もある。

sato曰く 
「笑って泣けるハートフルヒューマンドラマって新聞に書いてたけど、笑うとこあった?」
・・・確かに。わりと、真面目な話だったね。
「satoあかんかも・・これ、リタイアするかも^^; よくわかれへん。難しいわぁ。」

確かに。確かに、言われてみればそうかもねと思った。
夢叶わず仕方なく会社努めになったり、ギリギリの家計を支える為にパートで必死に働いたり・・
そういう現実をひしひしと感じるには、中学一年生のsatoもayaもまだ早いのかも。

飼い主の勝手で死に行くペットの命があること。
このドラマは、それを伝えつつ家族の再生も描こうとしている。
結構、深いドラマになるのかも。
今後に期待。
[PR]
by pannie | 2011-04-17 00:30 | 犬を飼うということ