とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2007年 11月 ( 2 )   > この月の画像一覧

公式HP

終戦の頃の、日本人女性と韓国人男性の愛と生の物語というテーマから、最初は韓流ファン狙いで作られる物なんだろうな・・なんて考えで、ちょっと浅く観ていた。

そもそも、このドラマは眞島秀和さんが出るからって事で観ようと思っただけで内容にはあまり期待もしていなかった・・・。 
すみませんでした。間違ってました、私。
朋子(長谷川京子)の帰国の場面までの数十分、あまりの切なさとやりきれなさで、気持ちが昂ぶってしまって、どうしようもなかった。
終戦によって帰国を決心した朋子の愛国心には、正直「何を言っているのだろう?」と思った。
と同時に、そういうもんなのかもな・・・とも思えた。
釜山で生まれて育ったのに。釜山しか知らないはずなのに・・。
一度も足を踏み込んだ事がない海の向こうの日本を、迷うことなく祖国と呼ぶ朋子。
理解に苦しむような、理解できるような・・・ピンとこないような、納得できるような。
どうにも掴みどころの無いヘンな気分に陥ってしまった。

必死に帰国を思いとどまるように説得する木戸(眞島さん)の表情が切なかった~。泣けた。
36年間日本人だった。木戸と言う苗字も「朴」を二つに分けて付けられた。(木とト)
朝鮮人であることを消されて生きてきた・・。
それが、終戦と同時に日本人じゃなくなるなんて。
今も尚、韓国には日本人を許さないと言い切る人達が沢山いるのが理解できる気がする。
時代に翻弄されたという言葉だけでは言い尽くせない歯がゆさが残った。
過去のこととはいえ、戦争を行った国として犯した罪はやはり大きいと思った。

このドラマは、日本人女性と韓国人男性の運命をたどりながら、私達が知らなかった様々な事柄を教えてくれるのだろう。
戦争が残した傷は、あまりにも大き過ぎる。
原爆投下後の広島の町の景色も、表現しようの無い悲しさで胸が詰まった。

3話完結のこのドラマ。最後まで、しっかり見届けようと思った。
[PR]
by pannie | 2007-11-18 00:53 | ドラマ

愛が微笑む時


b0031606_855321.jpg届きました!!・・・・って、もう何日か経ちますが。

あ~~・・嬉しい。懐かしい。

早速観ました。クリアな映像で!




なんか、今まで何度も観てると言うのに、今までに無い号泣っぷりで・・

翌日の朝、顔がどうなってるか怖かったです。

ストーリー、全部知ってるヤン!!

と、自分で突っ込み入れてしまったわ。

10年ちょい前に観た時は、まだ母じゃなかったもんな。

母になってからも何度も観たけど・・やっぱし年をとった分、涙もろくなったのかな。


とにかく、どの場面もとにかくキュンと来るんです。

やっぱり一番グッと来てしまったのは、黒人のお母さんのエピソードだったんだけど。

なんか、最初のしょぼい泥棒の話で、既になんだかボロ・・っとなってしまった。

まさに、愛の物語よ!!

愛の形は様々。色んな愛が微笑んでましたよ。

DVD発売になったってことは、レンタルショップにも並びますよね?

皆さん、今一度ご覧になって下さいませ・・・


え~・・ところで。

黒人の息子クンを演じているのは、誰なんでしょう?

ハリウッドの俳優さんに弱いpanieです・・。

浮かんでくる名前が、テレンス・ハワード・・



エンドロール確認すりゃいいか。
[PR]
by pannie | 2007-11-17 08:05 | 映画 ロバート・ダウニー・Jr