とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

<   2009年 01月 ( 11 )   > この月の画像一覧

熊澤監督の新作です。
今年の初夏公開ってなってます!

「おと・な・り」

麻生久美子さんと岡田君なんですね~。
なんか、またまた良さそうな雰囲気です。
楽しみー!!

「雨の翼」は短編って言えるのかな?
ブラッディ・マンデイの藤井美奈ちゃんが出てて、初々しくてとても良かった。
早く「ダイブ!」も観なくては!

ニライカナイからの手紙 感想
虹の女神 感想


    
[PR]
by pannie | 2009-01-31 01:39 | 映画 熊澤尚人監督

転々

なんとも可笑しな作品でした。
人間臭くて可笑しくて、なんか愛おしくなるような。
タイトルの転々って、ピッタリ。
借金取りの中年男と、借金返せない大学8年生の若い男。
中年男が、すごい強引に若い男を散歩に付き合せるトコから話は始まります。

「散歩に付き合ってくれたら、100万やる」

どんな契約や~~。
若い男は、言われるがままに中年男に付き合い、中年男の生い立ちを聞いたり自分の生い立ちを話したり。
中年男の知り合いの女の家で、なんでか擬似家族するハメになったり。
そんなこんなで、散歩は続き・・・。

人生、色々あるわよね。・・っつー、そういう作品でした。
男2人のエピソードが、微妙にリンクするというか、「それってもしかして?」な場面が多々あり、その描写が面白かったです。
クスクス笑いが何度も出て、なんか最後までニタつきながら観てました。
中年男が若い男と散歩したかった理由には、ちょっとビックリ。
でも、気持ち判るな。
そして、そこにも「もしかして・・」が。
何の結論も出さないまま終わってしまうんだけど、なんか心がホッコリします。
わかんなくても、別にいいやん~。
ふわふわ転々行こうぜ~。みたいな。

なかなか面白い作品でした。

三浦友和さんって、どんどんどんどん味わい深くなってる感じ。
もっさくて薄汚いおっちゃんがすごい似合ってました。
ものすごい数のドラマや映画に出てますよね。
ドラマ「HERO」の、サッカー場での事件でゲスト出演していた時も凄く良かった。
オダギリ君も良かったんですけど、彼より遥かに良かったです。



[PR]
by pannie | 2009-01-31 01:35 | 映画 (日本)
ドラマシリーズの映画化にしては、テーマがかなり大きく、しかも危険。

よくこのテーマで娯楽映画を作ったもんだなと思いました。
ドラマはシリアスな内容もありますが、ユーモアが溢れている印象が強いのに
映画は、ガラっと違っていました。
最大の見所は、マラソンシーンでも爆破シーンでも無かった。

水谷豊VS西田敏行。

この2人のシーン、圧巻です。
息を呑むのすら許されないような緊迫感。
怖さは無いです。穏やかなんですけど、すごい緊迫感がある。
見応えありました。
そして、深く考えなければならないテーマだと思い知らされました。
簡単には結論を見つけ出すことは出来ない。
難しいテーマです。
ドラマから生まれた単なる娯楽に終わらせない、観て、知っておくべき内容でした。


[PR]
by pannie | 2009-01-31 01:32 | 映画 (日本)
ビックリした・・・。
あんまりビックリしてしまって、後半は微動だにできなかった。
切なさを通り越して、何も言葉がなくてどうしようもない。

大学進学を期に仙台に1人で出てきた椎名クン。
椎名クンの隣人は、右はブータン人で左は得体の知れない男・河崎。
ボブ・ディランの「風に吹かれて」を口ずさみながら荷解きをする椎名に向かって突然話しかけてきた河崎。
河崎は、椎名と親しくなるかならないかの間に、突然

「本屋を襲って広辞苑を盗まないか」

と持ちかける。
河崎曰く、日本語がろくに理解できないブータン人は、彼女と別れて傷心のあまり引きこもってしまった。
そんな可愛そうな彼に、河崎は広辞苑をプレゼントしたいと言う。
日本語がろくに判らないのに、広辞苑って意味あるか?
・・・不審に思う椎名クンだけど、河崎の言葉は有無を言わせぬところがあり。
お人よしの椎名クンは、断る隙すら与えてもらえず、あれよあれよで本屋強盗を手伝うハメに。

中盤までは、この成り行きでどういう結末とオチをつけようってんだろうか?
と、「ちょっと最後まで観られないかもしれない」と思ってしまった位単調な展開で進むのです・・このお話は。
ところが、ある事をキッカケに、それ以降は考える隙を与えてくれず、一気にズンズンと持ってかれます。

あ~~・・ビックリした・・・。
ビックリして、その後は切ない、切ない・・・
切ない以上を表す言葉を誰か教えてくれないかな。
ブータン人にまつわる様々なエピソード、そこに関わる人間模様。
友達では軽すぎる、恋でも愛でもない、単なる仲間でもない。
言葉では表しきれない大切な繋がりを、ただ守りたかった。
人として、絶対に譲れない信念を貫き通したかった。

沢山の想いが、じわじわとでも強い波のように押し寄せてきて、一気に感情を持ってかれてしまいました。


『神様 この話だけは 見ないで欲しい』


そんなこと出来るわけないけど。
作品のキャッチフレーズであるこの言葉、見終えて読み直すと、こんなに沁みるフレーズは他に無いなと思いました。


繰り返し流れる「風に吹かれて」のメロディーと歌詞がいつまでも耳に残り、作品の余韻が さらに深く心に沁み込みます。
濱田君や瑛太がチョコチョコっと口ずさむんですが、2人とも上手。
声がとても合っていて、心地よいです。
また、共演の関めぐみちゃんと松田龍平君が凄くいい。
特に、松田龍平君はめちゃくちゃいい!!

これは、見ないと映画人生損するかも知れないくらい、秀逸な1本です。


それにしても、原作者の伊坂幸太郎って、凄い発想能力を持った人ね。
「陽気なギャングが地球を回す」を見た時は思わなかったけど、これは文字で読んだらどうなっているのかとても気になります。
続々映画化が決まっているようなので、一度読んでみようかと思いました。
私は、基本「観てから読む」派。
他の作品も、観てから読みます。
そういえば「死神の精度」も、確かそうだったか。
あれも面白かった。


公式HP


 
[PR]
by pannie | 2009-01-27 13:09 | 映画 (日本)
ロバートのファンサイトでカキコミされていた、あちらのNewsweekの動画です。

何人かのノミネート者が集まって、座談会みたいなんしてます。

見応えあります。 コチラ


ロバートは、日本に来た時の事を、テンション高めに喋ってます。

実は、ロバートは成田でほぼ半日足止めされていたのです。

その時の事を、「マイッタマイッタ!」って感じで喋ってます。

詳しい内容はわかんないけど、なんとなく雰囲気は判るな。

あと、ジャパンプレミアでアシモ(だったっけ?・・人型ロボット)が出てきた事とか

酒樽が出てきて、鏡割りさせられた事とか。

で、めっちゃ高い神戸牛を8切れ食べたっつってます。

それが原因で食中毒になったのか・・??んなわけないよね?

他のメンバーのお喋りも盛りだくさんで、なんかすごいスペシャルな動画です。

ハリウッド俳優が、普通に喋ってます・・・楽しそうに。

こうやって観ると、ブラピはやっぱりハンサムです。

喋り方とか動き、全てがスマートです。

ロバートは、ちょっとお茶目です(笑)

見て損は無いですよ、これ。
[PR]
by pannie | 2009-01-24 02:08 | 映画 ロバート・ダウニー・Jr
「トロピック・サンダー 史上最低の作戦」の、あの弾けた俳優役でロバート・ダウニー・Jr、やりました。
助演男優賞にノミネートされました^^
他の賞でも沢山ノミネートされていたので、期待してましたし、多分確実だろうとは思ってたんだけど、いざロバートの名前がノミネート者の名前に連なると・・・
感無量よ。

**************************************************

助演男優賞

ヒース・レジャー    『ダークナイト』
ジョシュ・ブローリン  『ミルク』
マイケル・シャノン   『レボリューショナリー・ロード/ 燃え尽きるまで』
フィリップ・シーモア・ホフマン  『ダウト -あるカトリック学校で-』
ロバート・ダウニーJr.       『トロピック・サンダー/史上最低の作戦』

**************************************************

嬉しい~~~~~~~~!!!!
雰囲気的に、最優秀はヒースかなって思うけど。
と言うか、ヒースが獲るべき賞かなって思うけど、どうなのでしょう。
ロバートは、ココ何年もプレゼンターとして舞台に上がってばかりでした。
それでも嬉しかったけど、やっぱりノミネートされてレッドカーペットを歩く姿とか、最優秀賞を発表する時に、ジャ~~~ンって大画面で紹介される事とか想像すると、もうそれだけで、ウルウルです・・・。

主演男優賞には、ショーン・ペンがまたまたノミネートされてますね。
ロバートが苦しんだ時期に支えてくれたショーン。
もしかして、この2人のツーショットとか見れたりするんでしょうか。
あ~~。なんか、感動。
嬉しくてタマリマセンです。
[PR]
by pannie | 2009-01-23 10:13 | 映画 ロバート・ダウニー・Jr

アフタースクール

お~~~~んもしろいっ!!!

面白いです!!

運命じゃない人大好きだから期待してましたけど、裏切りません!

凄い。見事!!!

凄いですよ。期待を裏切らない面白さって。

観ましょうっ!    以上っ。



感想ってムリムリ。

私の表現力では、もう限界超えてます。

ネタバレ厳禁。

観ましょう。


 
[PR]
by pannie | 2009-01-20 14:56 | 映画 (日本)

ミッドナイト・イーグル

意外や意外、面白かったです!
どうしても、この手の作品ってのは、ハリウッドのド派手なのを想像してしまう点と、韓国映画も迫力があるものを作ってきているので、日本のはやや劣るって気がしてましたけど。
これは、配役がとても良かったと思います。
そして、雪にまみれた場面が多かったからか、なんか妙に臨場感ありました。
寒そうだし、怖そうだし。
主役の2人がなんで雪山に登ることになったかってのは、何事も無いように過ごしている私には、あまりにも遠い世界の話のようで、どうしてもピンとこない。
でも、ありえない話ではない。

最悪の事態を避けるための最後の手段・・・それって、他に何か無かったんか~~~~!?
それしか方法無いか!?
なんかもう、かなり納得行かないし切ないし、やるせないし。
憤懣やるかたなしとはこういう感じか。
総理大臣役の藤竜也さんと大沢君の、ある台詞に不覚にも涙してしまい、その後の事態を見守りながら、最後の方の吉田栄作&大沢たかおのやりとりに止めを刺され・・pannie撃沈。
吉田栄作が、いい!!!!!

撃沈してしまう自分の単純さにやや呆れるものの・・。
なんか、良かったですよ。
戦闘機やらミサイルやらと大きな物の話だけども、アクションで一気に引っ張るのではなく台詞が良かったからかなぁ。

色々突っ込んでケチを付け始めたらキリがない設定だと思うんですけど、そこは映画ですから。

大沢たかおさんは、どんな役やっても嫌味なく嵌る人。
動きとか、話し方とか、作ってるって感じが全然しない。
全部、違う。
(メトロの時の父親役の時だけ、メイクのせいなのかちょっと合ってない感じがしたけど。)

一番好きなのは、『陽気なギャングが地球を回す』と『花』かな。
全く違うタイプの作品だけど、同じ位好き。
むちゃむちゃ嵌ってて笑ってしまったのは、「花とアリス」のチョロと出てきただけのカメラマン。
このカメラマンの歩き方やら喋り方やら、あまりに嵌っていて、膝を打って手を叩いて声を出して笑ってしまった程だった。


         
[PR]
by pannie | 2009-01-19 00:00 | 映画 他 大沢たかお
DVD発売決まりました。まだ先ですけど、楽しみです。
スケジュール調整できず、どっちもまだ観れてないのです。
時期を外して上映する映画館もあるので、そういう所で観られればいいのだけど。

「ぐるりのこと。」では木村多恵さんが演じるヒロインが絵を描いているのですが、
彼女が描いたとして出てくる天井画は、山中聡さんの奥様(山中桃子さん)がお描きになった物だそうです。
映画関連グッズとして、塗り絵セットも販売されてるようです。
なんか、描きたくなってしまう雰囲気がそこはかとなく漂ってます。
ワタクシは、大変影響されやすいものですから、映画を観たらきっと欲しくなってしまうんだろうな。(汗
そんでもって、なんと木村多恵さんは日本アカデミー賞の優秀主演女優賞を獲得されたんですって。
すごい。
色んな作品で脇役として活躍しておられましたけど、とうとう主演女優賞ですか。
ステキな女優さんですもんねぇ。
さらに、この作品には加瀬クンと片岡礼子さんが出ておられます。
おぉ~。
他のメンバーを見ましても、何気にメッチャ豪華キャストです!
早く観たい~~!!

  
  

[PR]
by pannie | 2009-01-14 00:00 | 映画・TV 山中聡
ボムさん新作映画の主題歌を歌うのは、キム・ボムス氏だそうです。
役者→イ・ボムス
歌手→キム・ボムス
勿論、別人です。大変ややっこしい話です・・。

クォン・サンウ主演なので、日本上陸は問題ないでしょうが、時期が問題。
韓国では3月公開予定です。
早くて秋頃でしょうか。
お話の内容的やMVの様子からすると、冬のイメージが漂う作品みたいな
ので、秋以降に来ると丁度いい雰囲気な気がします。

新作のタイトルは 「悲しみよりもっと悲しい物語」
MVだけで、結構ウルっときます。
ただ、韓国定番の場面がそこここと出て来まして、またこういう感じか・・
と、ちょっと思ってしまいました(汗
でも、ココのところ日本の作品かロバートの映画しか観ていない私なので
久し振りに観る韓国作品はコレにしようと決めています。
秋までじっくり待つ事にします。

http://jp.youtube.com/watch?v=GKVN_Kw7IBA
[PR]
by pannie | 2009-01-12 10:56 | 映画 イ・ボムス