とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

<   2011年 01月 ( 7 )   > この月の画像一覧

今回は、泣いてしまったなぁ。


小学校のプールで、その学校に通う女子生徒・エミリちゃんが不審者の男にいきなり突き落とされて溺死した。
一緒に遊んでいたクラスメイトの女子3人と、常駐する警備員の証言により、男の似顔絵が作成され、ほどなく容疑者と見られる男が任意同行される。
が、教授(藤木)の心理学的見地と、ベテラン刑事(泉谷さん)のカンによると、その男はシロ。

実は、最初から不審者の存在など無く、警備員は自分の目の異常を隠す為に嘘の証言をしたことを認める。
また、女子生徒たちは常に担任の先生(霧島れいか)に贔屓されているエミリが疎ましくて、学校の裏サイトに悪口を書き、懲らしめる為にエリカを自分達がプールに突き落としたと認める。
まさか、死んでしまうとは思わなかったと、正直に証言した後泣きじゃくる女子3人。

幼さゆえの間違いであったとしても、それによって起きてしまった悲劇は、どんなに悔やんでも泣いても謝っても元に戻せる事ではなく、生涯彼女達に付きまとう「罪」の意識だけを残してしまうことになるのだ。

ところが、エミリちゃんの死の真相は、他にあったのだった。
犯人は、女子生徒たちの担任(霧島れいか)。
彼女は、歩道橋の階段で不倫相手と口論になったとき、ちょっと突き飛ばしたつもりが、運悪く恋人を突き落とす形になり死なせてしまった。(あれ?怪我だけだっけ??)
なんと、そこを通りかかったのがエミリちゃん。
担任教師は、エミリちゃんに一部始終見られてしまったと思い込み、エミリちゃんの日常の一言一句にビクビクして暮らすようになった。

「先生、もうケンカしちゃダメだよ。」
「先生、私はずっと先生だけの味方だよ」

などなど、内緒話のようにそっと話しかけてくるエミリの一言一言が、脅しにしか思えなくなっていた。
今後、どんな脅しを受けるかわからない恐怖から、エミリを贔屓していた。
そんな折に、プールでの事故。
慌てて助けを呼びにきた女子生徒に他に助けを呼びに行くように指示し、一度はエミリを助けようとしたものの・・・この子から開放されるには今殺すしかないと咄嗟に思い、プールサイドに上がろうとしたエミリの頭を押さえつけ、溺死させた。

ひどっ。

今回も、心理学的見地はチョット出てきただけで。
実際は、瀬川刑事(松下奈緒)が、女子生徒達の様子やエミリちゃんが潜水が得意なことを突き止めたりして、事実の解明に辿り着いた。
鍵になったのは、エミリちゃんが綴っていた可愛い日記帳が見つかったこと。
エミリちゃんは、先生を脅してなどいなかった。
恋人を突き飛ばした事など、見ていなかった。
ただ、純粋に、褒めてくれて抱きしめてくれた先生が好きだった。
担任教師は、身勝手な思い込みだけで、エミリちゃんを死なせてしまった。


死んでしまっ女の子・エミリちゃん、哀し過ぎる。
同じ言葉かけ一つでも、聞く側の心理状態によって、まったく違う意味の言葉に聞こえてしまうという恐ろしさ。
態度にしても、そう。
受け取る側の気持ちが整っていなければ、優しさも嫌味や脅しに思えてしまう。

人って、恐くて悲しいと思ってしまった。
なんともやり切れない気持ちだけが残ってしまった。




それにしても、ヨコチョ。
カッコイイやないですか。
カッコイイけど、なんで出番がこんなに少ないの・・
後半、何か大きな事がヨコチョに起こると期待してよいのかな。
[PR]
by pannie | 2011-01-27 00:16 | CONTROL~犯罪心理捜査~
NHKのドラマなんですが、これ、笑える~。
シーズン1の頃から、山中さんはチョコチョコお出ておられましたが
今回のシーズン2では、ずっと市川実和子さんとのコンビで、シリーズ化されてます。
オサレな格好のイケメン彼氏ですけど、私はこういう人は苦手よ~~。
でもなんか可愛くて憎めないのね。
今後の2人、どうなることやら。結婚しちゃったらすごいな。
彼女(ナミちゃん)、苦労すると思うわ~。

来週も楽しみ!
[PR]
by pannie | 2011-01-20 23:41 | 映画・TV 山中聡
脇を固めるメンバーがいいですね、このドラマ。
好きな類のドラマですが、基本、横ちょが目当て。
松下奈緒の演技は、今回初めてちゃんと見ます。
ええ・・私は、ゲゲゲを観ておりません。顰蹙でしょうか・・(汗
泉谷さんが、なんとも大人しくて控え目で紳士的でいい人で、やり手で困ってしまう(笑)
そして、いつも良い声の北村有起哉さん。
大河ドラマにも出ているみたいですが、ホンットに良い声。
で、メガネをかけている方が魅力的ですね。

横ちょは、今回、徹底して「脇」なのね。もうちょっと前に出て欲しいけど。
でも、いいとこで良い事言うし、今までになくクール(笑)
バラエティとのギャップが大きすぎます。
が、お顔がね、こういうキャラの雰囲気持ってますからね、似合っています。
スーツはオトコマエを3割(でしたっけ?)上げると言いますが、ホントよね~。

このドラマ、キムタクの『MR.BRAIN』と被るとこが見られますよね。
#2の右上を見るってのなんか、そのまんま。
あと、割りと早い段階で犯人の予想がつくとこも。
#1も#2も、視聴者の予想通りの人物が犯人だったと思います。
動機についても、殺したくなる気持ちがふつふつと沸き起こる感じ、理解できなくも無い。
無いが、殺すのはダメなのだが。
人として生きていく上で、嫌な人との関係から逃れることは出来ない。
難しいよね~~~~。ちゃんと生きるって。

このドラマ、犯罪心理を前面に出していますが、その部分、ゆるくないですか?
おぉ!そっか!!!って、思わず膝を叩くような展開ではなく、ゆるいですよね。
「美しい隣人」の方が、よほどハッとするわ・・・。こわい。
[PR]
by pannie | 2011-01-19 00:02 | CONTROL~犯罪心理捜査~
日本版をようやく観ました。
韓国版と同じだったと思います。
たまに、韓国で公開されたものとは違う時があるようなので、気になってました。
あるべきシーンがカットされてるパターンだったらどうしようかと思ったんだけど、
多分大丈夫だったと思う。

これは、いいお話よねぇ。
こういうのが、純愛なのよ。
男の子(クォン・サンウ)の意志の強さに脱帽だわ。
現実ならばほぼ不可能に近い生活だと思うのだけど、彼の底なしの優しさだけが、
それを続ける事を支えていた。
その優しさは、別の方向から見れば残酷でもある。
けれど、彼はその方法こそが最善だと信じて疑わない。
ただただ、ひたすらに、彼女の幸せだけを、願う。


以下、ネタバレバレ。しかも、大変偏った意見あり。
申し上げておきますが、この映画はいいお話です。
ぜひ観てほしい。
けど、以下には、若干不満をもらしております。
ご了承下さい。


結局、みんなが全てを判ってるなんて、みんな優しいにも程がある。
彼女の章以降は、涙無しでは観られなかった。
全部知ってるのに、知ってるのよって絶対言えない。
言わないのが、彼のためだから。彼が選んだ方法だから。

彼の思いを請け負って、彼女と結婚した歯医者の男が、いっちばん悲しいと思うよ。
愛されていないと知りながら、彼女の為に結婚したわけよ。
自分なら、もしかしたらこれからの彼女を幸せにしてあげられるかもと思っていたに違いない。
なのに。彼女は、旅立ってしまうのよぉ。
なんでやねんっ!!!!切な過ぎるやろ~~~!(怒)


と、さて、ここから不満を。
大変悲しい物語であり、いっぱい泣くのだけれども。
物足りない感でイッパイになるんですよ、私。
それもこれも、すべては、本編を観る前に主題歌のMVを堪能してしまったから。
サンウ篇とボムさん篇の両方を、たっぷりと見すぎてしまったから。
特に、ボムさん篇を観てしまったら本編のラストは物足りないったらありゃしない。
なんでこんだけやねーーーんっ!!!
もっとあるやろ、ほれ、あの場面とかこの場面とか、こういうとこがっ!!
なんで、ボムさんのとこがあんなに短いのじゃ。
あと10分長く出来ませんでしたか。
10分あれば・・・満足できたかもしれない。
もったいないと思うよ、あの場面。


MVを観ていない人には、不満でいっぱいになる感想になっているかと思います。
大変申し訳ございませんm(__)m
[PR]
by pannie | 2011-01-14 00:25 | 映画 イ・ボムス

2011年期待の俳優

今年期待の俳優ランキングってのが発表されてるのを、さっき知りました。
なるほど。こういうメンバーになるのか。
頷けるメンバーです。

しかし。ここで、ワタクシ、パニーが思う、今後の活躍が楽しみな俳優さんBEST3を。
どちらかと言うと、映画方面での活躍と言う意味です。

3位・・・本郷奏多クン  公式サイト

2位・・・瀬戸康史クン  プロフィールなど

1位・・・池松壮亮クン  公式サイト


今年は、池松君イチオシです、ワタクシ!!!
観るぞ~~~!



[PR]
by pannie | 2011-01-12 00:39 | 俳優
2011年最初の映画は、テレビの放送で鑑賞。
私はフジテレビ系の映画は、おおむねOKな体質でして、織田君につきましても年が大変近い事もあり、3億円事件のドラマの頃から好きなので、彼が出ているならどの映画もドラマもOKラインから始まります。
今回も、大きな期待を抱かずに鑑賞しましたが、おおむねOKでした。
映画じゃなくてもよかった~って思わなくも無いのですが、あの美しい風景をスクリーンで観たらば、心が揺れたのかもしれません。

多分、撮影当時「BOSS」でもあったであろう天海祐希さんが、娘を誘拐されてうろたえ嘆き悲しみ取り乱す母に、見事になりきっていたのが、流石だな・・と。
オトコマエな印象が強い彼女ですが、この作品ではちゃんとフツーの母親でした。


来週からドラマが始まりますので、コチラの方もちゃんとチェックして行きたいと思います。
基本、好きなタイプのストーリーなので、楽しみです。




[PR]
by pannie | 2011-01-10 00:11 | 映画 (日本)
2011年になりました。
今年最初に観た映画は、テレビ放送された黒田でした。(アマルフィー)
予想以上に楽しめたので、ドラマも観てみようと思っています。

2011年が、皆様にとって幸せイッパイな一年となりますように!
新年のご挨拶訪問は、明日から少しずつ御邪魔させていただきます.

今年ももよろしくお願い致します!
[PR]
by pannie | 2011-01-06 00:33 | 日常