「ほっ」と。キャンペーン

お気に入りの物や人、映画やドラマ、音楽のことを気ままに書き綴ります。共感して頂けましたらば、TB&コメントにてお声をお聞かせくださいませ。


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
b0031606_1336054.jpg

去年の春以来、韓国映画にハマッタ・・・。
その頃、「冬のソナタ」は既にBSで放送されていたのでしょうか?
そんなこと、全く知りもしなかった私。だいたいBSは入りません・・いや、
入れておりません。(^^;

じゃ、何故ハマッタのかと言うと、この『エンジェル・スノー』と出会ってしまったから。
某レンタルショップの半額セールで、邦画の棚に並んでいた1本のビデオ。
タイトルが可愛いなぁ、誰が出てるんだろうなぁ・・・??
驚いた事に、韓国映画。それまで韓国の作品で知ってたのは「シュリ」「JSA」の2本だけでした。この2本は面白く、韓国も面白いのねぇ~位は思っていたものの、以降特に興味も抱かず、1本も観た事がありませんでした。

ビデオジャケトの解説を読んでいるうちに、ふつふつと「これは、観たい」という強い思いが湧きあがり、その1本だけを持ってカウンターに向かったのであります。(半額なんだからもっと借りればよかった・・と後で思いました)

結婚して6年になる子供が出来ない夫婦。妻の強い要望で人工授精→妊娠。
喜びもつかの間、生まれてくる子供は長くは生きられないだろう・・と宣告され、中絶をすすめる医師。その事実を言い出せない夫。やがて知ってしまった妻と夫は「産むか産まないか」で何度もぶつかりますが・・・。

始まって数分で涙が・・・。あとは、もう止められない。泣き続けてしまいました。
我儘に近い妻の強い意思を 夫は更に強く優しい心で支えてあげていました。
人には必ず何らかの使命があって、それがどんなものでも正面から受け止めて精一杯生きる事の大切さを見せ付けられました。

韓国って、スゴイ!!・・・単純な私は、これ1本でずぶずぶとハマッテいったのでありました・・・・。

にしても、たった一年と少し前までこれを「邦画」の棚に置いていたこのお店。
今や韓流なんてコーナーをドドドーーーン!!と中央に置いちゃって、なんなんでしょうかね~。
しかも、このお店、その当時『イルマーレ』を借り手が少ないという理由で返品してたんですよ!返品!!!今じゃ、考えられない事実ですね。

ってことで、次回は『イルマーレ』について書いてみます。
[PR]
# by pannie | 2004-09-29 13:56 | 映画 (韓国)

I am Sam

ショーン・ペン最高!ブラボー!ファンタスティック!!

軽度の知的障害者のサムは、予期せぬ事に、娼婦との間に出来た子供を一人で育てなければならない事態に陥ってしまった!
スターバックスで働きながら、懸命に娘(ルーシー)を育てるサム。
サムとルーシーは周囲の人に助けられながら裕福ではないけれど、楽しく幸せな
毎日を送っていました。
けれど、やがてルーシーがサムの知能を追い越してしまい、知的障害者であるサムの子育てには限界があると判断した児童福祉関係者によって、サムとルーシーは離れ離れにされてしまいます。
サムは、「自分にも子育ては出来る!」「本当の親子なのに、どうして一緒に暮らしてはいけないの・・?」と、ルーシーを取り戻すために弁護士に相談し、裁判所に訴えます。
純粋に愛する娘と一緒に暮らしたいと願うサム。
知的障害者だから子供を育てられないなんて事は無い!
多くの事は出来ないけれど、自分は親としてルーシーを育てられる!
一生懸命、理解してもらおうと頑張って訴えるサム。
そして、パパと暮らしたい!と強く願い訴えるルーシー。

一般論ならば、間違いなく福祉事務所の判断が正論でしょう。
現実は甘くない!と叫ぶ人もいるかと思う。
でも、甘くない現実をそのまま見過ごしてていいのか?
2人を引き離す事だけが最良の方法?
子供を育てるにふさわしい環境ってどんなの?
非常に沢山のメッセージが込められた作品です。

障害者が主役だけれど、これは一人の父と、その娘との純粋な愛情に溢れた家族の為の作品。
公開当時の公式HPのBBSでも、殆どの人が「障害が有る無しは関係無い。」と書き込んでいました。
とにかくショーン・ペンとダコタ・ファニングの演技が圧巻!!
なんでショーンがアカデミー取れなかったのか不思議・・・・。




2001年 アメリカ

 監督・・・ジェシー・ネルソン
 出演・・・ショーン・ペン/ミシェル・ファイファー/ダコタ・ファニング
[PR]
# by pannie | 2004-07-27 10:21 | 映画 (欧米)