「ほっ」と。キャンペーン

お気に入りの物や人、映画やドラマ、音楽のことを気ままに書き綴ります。共感して頂けましたらば、TB&コメントにてお声をお聞かせくださいませ。


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28
ロバートが、今日で48歳になりました。
おめでとうございます♪
[PR]
# by pannie | 2013-04-04 21:36 | 映画 ロバート・ダウニー・Jr

ポテチ

原作・・・伊坂幸太郎 、監督・・・中村義洋、主演・・・濱田岳。
これで面白くないわけが無いだろう!!
期待せずにはいられない。
そして、まんまとはまり込んでしまうんだな。

いつものメンバーがやってくれました!って作品。
短い作品です。
短い時間の中に、ギュギュッギュッと、メイッパイの思いが詰ってる。

のらりくらりと普通で平凡な感じで、なんだか意味のわからない事を言いながら行動する小さな青年・今村忠司(濱田岳君)には、どうしてもやっておきたいことがあった。
偶然同じ日に生まれた野球選手との奇妙な繋がりが、今村忠司の小さな願いを叶えてくれる・・・のか?


ったく、ホントーに悔しいけど、なんとも良い話じゃないですか。
なんで、こんなに淡々と、のらりくらりと進んでいく物語で、最後の最後にじんわりとあったかい気持に包まれて、ちょびっとだけ涙が出てしまったりするんだ。
ホント、悔しい。
悔しいけど、いい映画です。いい話です。すんごい、オモロイです。ぜひ観て!!
[PR]
# by pannie | 2013-01-30 21:23 | 映画 (日本)

奇跡

是枝監督の作品、『奇跡』。
両親の離婚で離れ離れに暮らしている兄弟の兄ちゃんの方が、故郷の大阪で再び家族4人で暮らしたいと強く願い、奇跡を信じて小さな冒険に出るお話。
兄弟をまえだまえだの航基君と旺志郎君が演じている。
この二人の可愛さを観るだけでも、この作品を観る価値がある。

母と共に母の実家で祖父母と暮らす兄と、いささか自由すぎる感じの父の元で暮らす弟。
兄弟それぞれに、離婚前と離婚後の生活に対して思うところはあり、その事実の捉え方が全然違う。
兄は、色々あってもとにかくまた家族で再び暮らしたい。
弟は、能天気でマイペースなポジティブタイプらしく、それなりに現在の生活を楽しんでいる。
少しの年齢差で、感じ方はこんなにも違うものなのか。
性格の違いもかなり大きい要因だとは思うけど、思いの大きさの違いにちょっと驚く。
そして、一生懸命、戻りたい、なんとか戻ろうとする兄の姿が健気でいじらしく、可愛くてたまらない。
能天気に暮らしている弟の底抜けな明るさも、とんでもなく可愛い。
あ~、可愛い!!!!!

九州新幹線開通で、にわかに流れ出した「奇跡」が起こるかもしれない瞬間の噂。
兄は、この奇跡の瞬間を信じて、弟を誘って冒険に出ることを決意する。
一緒に行動する友達にもまた、小さな願いを胸に抱いて「奇跡」を見つける旅に出る。


可愛い・・・小さな胸を傷め、実際には起こるはずの無い「奇跡」を信じて、思いのままに行動する子供達の言動全てが可愛い!!
現実に、物事は予定通り思い通りには進まないし、きらめいて輝くような出来事も無い。
だけど、この子達が起こした小さな行動に伴って起きた、小さな出来事の全てが、可愛くて眩しい。

観ている側は、エピソードにいちいち感動するのではなくて、子供達の様子をただじっと見守る・・そんな感じ。
静かに見守って、最後になんともいえないホッコリとした温かいま~るい気持をもらってジーンとなる。
観終えてからの余韻がなかり長びいて、いつまでもホッコリしたまんまの自分がちょっと可笑しくなる。
あ~、観てよかった。なんか幸せになった。
心から素直に、そう思える作品です。


奇跡
http://kiseki.gaga.ne.jp/
[PR]
# by pannie | 2013-01-30 01:10 | 映画 是枝裕和監督

ハロー!? ゴースト

もう一本、テヒョン君!

天涯孤独で寂しさのあまり自殺を図ったものの、結局死ねないサンマン。
病院で目覚めると、じーさんとおっちゃんとおばちゃんとガキンチョの4人のゴーストに
憑依されていた。
憑依をとくには、4人の「やり残したこと」を叶えてあげなくてはならない・・


設定とあらずじだけ読むと、大・大・大好きなロバート・ダウニー・Jrの『愛が微笑む時』
リメイク(もしくはパクリ)かと思いました。
でも、観たらわかるけど、これは違う。
同じような設定なのですが、全然違いました。
何がって、感動の種類が、です。

『愛が微笑む時』は、ゴースト一人ずつの各エピソードがちゃんと完結していて、その度に
柔らかくて優しい感動が訪れます。

だけど、『ハロー!? ゴースト』は、最後までなんだかふんわりしていて、完結しない。
このまま、やんわりふわっと終わるのかな?大きな山場の無い作品だな~って思っていたら、思わぬ方向に持って行かれてビックリして戻ってこられなくなってしまいます。
韓国作品のこういうとこ、本当に凄いです。
そして、これはテヒョン君以外の誰にも出来ない役だと思います。
本当に、本当に・・ホントーーーに、すばらしい。

突っ込みどころ?
そんなもん、沢山あります。
ゴーストものゆえ、突っ込もうと思えばなんぼでも突っ込めます。
がしかし、細かいところはすっ飛ばしていいんじゃないでしょか?
何も考えず、ケチつけず、素直な心で観るに限ります!


新年早々、こんなにステキな映画を観ることが出来て、私は大変シアワセデス。
大切にしたい作品が、また一つ増えました。
映画が好きでよかった。韓国の映画に出会えて、良かった!


ハロー!?ゴースト
http://www.hello-ghost.com/index.html
[PR]
# by pannie | 2013-01-22 23:15 | 映画 (韓国)