とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

タグ:三浦春馬 ( 16 ) タグの人気記事

ものすごーく久し振りの更新ですが、皆様お元気でしょうか。
台風の勢いがすごくて、今現在、ココ大阪の私が住んでいる地域は大雨です。
日中は、警報が出ている割に大した雨量じゃないと感じていたんですが、今、凄いです。
土砂災害や洪水の危険区域に当たる方、ホンットにお気をつけ頂きたいと思います。

ところで、忙しい中でも何とかドラマを追いかけることが頑張ってます。
コレがなくちゃ、楽しみがなくなる!
中途半端にしか感想を書けていない、前クールの『生まれる』『犬を飼うという事』『JIN』については、必ずいつか感想を書き上げねば。
『犬を飼うという事』にいたっては、まだ最終回を録画しただけで観て無い始末。
あれ、じっくりと座って観なくちゃ号泣しそうなんですもの。

今は、毎週木曜日が忙しいです。
『陽はまた昇る』と『それでも、生きてゆく』。
オンタイムでかじりついて観られないので、録画して追いかけている形です。

陽はまた昇るの感想は、いずれ三浦春馬クンのカテゴリーでアップします。
チャラっとした青年役が新鮮。チャラいけど、真っ直ぐで泣き虫。
池松君との共演で楽しみにしていました。やっぱりいいわ、このドラマ。
7話から、なんかいきなり展開が変わって、どーなるんやろ。

それでも・・は。
これは、なんてドラマなんでしょうか。
こんなに丁寧に様々な角度から描いてあるドラマは、いままであったでしょうか。
たかが4×年ほど生きてきただけの私が言うのもなんですが・・なかなか出会えない作品だと思います。
ずっと以前、是枝監督の『誰も知らない』を観た時に似たような衝撃に、毎回襲われる。
簡単に感想を書く事が出来ないドラマです。深い。


映画に時間を取れてないのが凄く凄く残念なんですけど・・
見ることが出来たらば、感想はしっかり書き残したいと思ってます。


いろいろあって忙しいけど、元気でやっております♪
[PR]
by pannie | 2011-09-04 00:26 | ドラマ
これは、ずーーっと前にレンタルDVDで観た作品。
イマイチだったな・・と思った記憶があるんだけど、ほとんど覚えてない。
お目当ては、大森南朋さんと加瀬亮くんだったのだ。
よ~喋る大森さんと、盲目の青年だった加瀬君がお洒落だった記憶だけが残ってる。
これを書く前に下調べしたら、なんと三浦春馬クンが出てるの!?
知らん知らん・・・当時、全く知らなかったから全然記憶に無い!
これは、大変だ・・また借りて来なくては!

原作は、めちゃめちゃ面白い。
陣内って男が中心の短編集でありながら、主役が陣内ではない。
物語の案内役として出て来る陣内の友人が、主役になっている。
陣内が、ま~~喋るわ喋るわ、文章でこんだけやかましかったら、実際に隣で喋られたら
睨みつけてしまうかもしれない。そんくらい、やかましい。
ところが、この男の言う事が妙に説得力があったり問題解決に繋がったりするから、
なんか、ムカツク(笑)
このやかましい男の、人を見る目線は、非常に独特ではあるもの、ある意味「人類みな平等」
だったりする。
ところが、許せない奴の事は、とことん地の果てまでも、絶対に許さない。
「面白いヤツ」って言葉では言い足りない「面白さ」を持った男。

加瀬君が演じた盲目の青年も、目の付け所が面白い。
なるほどなるほど・・と、イチイチ説得力がある。

これは、ぜひとも、もう1回映画の方を観なくてはいけない。


b0031606_0235363.jpg

[PR]
by pannie | 2010-12-11 00:19 | 原作読んだ日記

はなまるの三浦春馬クン

めでたく、本日よりこちらのカテゴリーに「三浦春馬」を追加いたしました。
とうとう・・です(^^)
いやもう、だって。
はなまるカフェの様子が、可愛かったのだもん。
前回、ブラッディ・マンデイで登場した時は、確か18歳だったと記憶してます。
あの時も、めっちゃ可愛かった!
すごいよく喋る少年で、ニコニコしてて素直で、ホンット可愛かった。
20歳を過ぎて、今日の彼は、確かに大人になっていた。
顔体つきもそうだけど、喋り方が随分変わってたなぁ。

熊澤監督との作品、「君に届け」への熱い思いを語る彼を見て、ワタシ・・
「一生ついて行くわよっ。」
拒否されるかもしれませんが。いいの。


ただでさえ、熊澤監督作品に三浦君が主演てことでテンション上がってたんですけど、
今日の様子を見て、ますます好きになった。好き度が上がった。
[PR]
by pannie | 2010-09-16 00:58 | 映画・TV 三浦春馬
公式サイトの表紙やらなんやらが、だいぶ変わってました。
表紙からいきなり三浦君が可愛すぎますっ。
予告ムービーで、とことんもってかれます。
すんごい、いい!!
光の差し方が、めっちゃ温かくて柔らかくて、素敵過ぎる。
予告だけで、じゅ~~ぶんに熊澤監督の世界を堪能できます。
素敵!


君に届け 公式サイト
[PR]
by pannie | 2010-08-04 00:10 | 映画 熊澤尚人監督
だいぶ前にニュースになってましたが、HPが出来てたのでアップしておきます。
大好きな熊澤尚人監督の新作。
三浦春馬クンが出るのよ~~。このキャスティングは嬉しい!
多部未華子ちゃんも割りと好きな女優さんなので、大変楽しみです。
また原作がある作品らしいですが、私は今回もどんな話か知りません。
なので、まっさらな気持ちで観られそう。
9月公開です。楽しみです。

君に届け 公式HP
[PR]
by pannie | 2010-05-31 00:05 | 映画 熊澤尚人監督
撃ち過ぎ。殺し過ぎ。
こっちの印象の方が強く残ってしまったラストだった。残念。


スパイダーが識村教授の娘だったなんて、そんな唐突な~~。
でも異母姉弟じゃなくてよかった。いくらなんでも、浅い予想でした。反省。

識村教授の娘なら、確かに辻褄は合うのね。うん。唐突だと感じたけども、納得。
でも、父と同じように、ちょっと歪んだ心を持ってしまった。
藤丸は、正義感を抱いて成長した。やはり、父と同じように。
国家の扱いの違いだけが、二人の道を分けたのか?
それは、違うと思う。
識村教授は、自分の功績を一切評価しなかった国に対して復讐を図ってブラッディXを日本に持ち込み、結果自身がそれによって命を落とした。
識村教授が持ち込みさえしなければ、2年前の事件はあんな大きな物にならなかったかもしれない。
スパイダーにとって英雄であるはずの父は、日本にとってはテロリストとほぼ同じだった。
スパイダーは、そこのところをすっ飛ばして、父は国のために頑張ったと言う。
確かに頑張ったんでしょう。多くの時間と体力を費やし、頑張ったんでしょう。
でも、途中から道を間違えてしまったのよ。
気持ちは、判る。でも、二人は間違っている。

スパイダーの苦悩は、よ~~~~っく判った。
が、今回は全編通して、藤丸君の活躍の描写が物足りなかった~。
何度も言うけど、霧島ちゃんも!!

続編がありますのならば、藤丸君の正義感溢れる活躍をふんだんに盛り込んで下さい。
絶対、また観ますから。
[PR]
by pannie | 2010-03-25 00:28 | ブラッディ・マンデイ
録画に失敗(>_<)
最初の20数分を録画できず・・ギャーーッ。
Jが目覚めるところを見られなかった。
マコとご対面・・それを、なぜか蛍が手助けしてるの?
前半に何が盛り込まれていたのか。あ~~、残念。


しかし、スパイーダーが女医だったのは、予測が当たってて喜んでしまった♪
霧島ちゃん。15%でも疑っててゴメンネ。
でも、やっぱり霧島ちゃんは霧島ちゃんだった。(意味不明)
私は、ファルコンの次に霧島ちゃんが好きです!

ミナミは死んでしまったんだろうか?
生きてて欲しいけどな。助かって欲しいけど。
それにしても、

「この女を殺せなんて、命令してないけどっ!!!!!」

の時の女医ってば、怖かったーーー。豹変したね。すごい。
あの、美しいけど無機質なお顔立ちと抑揚の無い硬くて高くて細い声が、
なんとも絶妙にマッチしていて、女医の時より断然魅力的なキャラになった。
テロリストに対して、魅力的ってのは何なんだけども。
けど、みんな魅力的でしょ。折原マヤもJも、ビーストも。


さてさて。
いよいよ最終回。絶対見逃すわけに行きませんね。
藤丸と女医との関係って何なのだろうか。
「一緒に遊ぼうよ」・・がキーワードてことは、子ども時代を共に過ごした事がある?
まさか、異母姉弟とかね・・・韓国ドラマかって展開は、ちょっとね。

女医さんの満島ひかりさん、沖縄出身の女優さんなんですね。
ブログがあったので、ちょっと覗いて見ました。  きょうのひかり
華奢でお顔が小さくて、羨ましいワ。
[PR]
by pannie | 2010-03-14 01:20 | ブラッディ・マンデイ
#6では、三浦春馬VS神木隆之介を堪能。
それだけで、お腹いっぱい。満足でした。

教授は外人さんだったわけね。
で、魔団の射手の3人(モスキート、レディバード、ホタル)も。
なるほど。だから、カタコトで抑揚の無い喋り方でも良かったのね。
モスキートはまだしも、他の二人の声は篭ってるし滑舌悪いし、「この演技はどうなのよ?」って
思ってた。
ビーストがあまりに上手だから、余計に比べてしまって。

その点、響ちゃんは頑張ってる。うん。

とうとう一番権力のある人物がわかったわけだけど、それが男か女かがわからない。
なんとなく、勝手に女のイメージを持っているんだけど・・なぜか女に思えてしまう。

ファルコンをずっと見てた、スパイダー。

この、ずっと見てたの意味がどういうことか。
ネット上だけで見てたのか、実際そばにいたのか。謎。
カメラワークのお陰で、どいつもこいつも怪しく見えるわ。
でも、怪しく見える人って実はいい人だったりするので・・。
今日のカメラでは、最後の場面でミナミが怪しげに映っていたけど。
私は、最初から女医が怪しいと睨んでいる。
もう、全部演技なんじゃない?
計画実行のために、Jの命を長持ちさせておく必要があったから、
ずっと演技してその日を待ってたんじゃないかと思える。
飛行機爆破に失敗して、計画が狂ったんじゃないかと。
けど、狂ったお陰でJとKがご対面してくれれば、一気に方をつけられる。

霧島ちゃんだけは、いつも変わらない。
ただ。この変わらない感じがね。何と言うか。怪しい気がするけど。
霧島ちゃんの、Jに対する恨みは誰よりも大きいはず。
でもって、Kに対しても、同じ。
だから、2人が揃えば復讐にはもってこいの大チャンス。

そんなこと考え出したら、もうキリがありません。
んが、しかし。
きっと、藤丸が知っている人物の中にスパイダーがいるのでしょう。
って、そんなことはみんな判っているのよ。


いったい誰がスパイダーなのか。

う~~~ん。


女医85%、霧島ちゃん15%の予想で。
来週までに考えが変わったら、また追記します。


そういえば。
折原マヤが音弥と一緒にいる時に撃たれて流血したはずなのに、
なんで生きてたかずっと謎だったんだけど・・
死ぬ前に「古傷が開いただけ」って言ってたなぁ。
それが、つまりあのビルで撃たれた時の傷ってことか?
響が、「折原マヤの敵討ちをする」みたいな事を喋っていた。
来週、あの時誰がマヤを撃ったかわかるのかな。
そして、誰がマヤを治療したかも、ついでに知りたいんですけど。
教授が処置してあげたのかなぁ。
[PR]
by pannie | 2010-03-07 00:09 | ブラッディ・マンデイ
今回の展開は面白かった。
教授が、何の教授だったか判らなかったんだけど、アラブ系の国にいたことがあるってことなのか?

折原マヤって、そうだったのか。
2人とも折原マヤなのか。なるほどね。
2人のマヤと響の過去は、このシーズン2が終わるまでに明らかにしてもらえるのかな。
吉瀬@折原マヤは、響きのおねーちゃんだったりして・・。短絡的でしょうか。

澤北の動きの怪しさったら無かったな。
判って見てるからってのがあるとは思うけど。
見事に罠にかかって、霧島ちゃんに取り押さえられて「子供が・・・」と、すがり付く澤北のシーンは中々見応えがあった。
とりあえず、澤北が心まで売ってしまってなくて良かった・・・。
息子と一緒に写ってる写真、お母さんそのものだった。

よ~やく、霧島ちゃんの「らしさ」が出て来てくれて、テンション上がりました!!
もっと霧島ちゃんを出して下さい。
霧島ちゃんとJのツーショットはステキです。
Jの一言一言はいつも謎。それを、問い正すでもなく黙って聞いてる霧島ちゃんは、何を思っているのでしょうか。
なんで「時間が無い」って言葉が出てくるんだろう。わからん・・・・

加納さんの 「ビンゴォ」 カッコ良かった!!
渋すぎですっ。


色んなキーワードが出てくる。
まず、やはりメインテーマは「復讐」だと感じる。
他に気になるのは、「希望」「絶望」。
そして、飛ぶ生き物の名前ばかりのテロリスト。
あとの2人は、教授と響じゃないような気がする。


次週の予告が流れて、思わず声が出ました。
なんと、神木君登場ですか!!
すごい!!これは、見応えがあるに決まってる。
三浦君VS神木君・・って構図になるのでしょうか。
絶対面白いに決まってる。


ところで、八木君はどうなるのでしょうか。
心配で心配でたまりません。



魔団の射手ってオペラだったんですね。
ちょっと調べてみました。
MamachanZさん、ありがとうございます!

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E9%AD%94%E5%BC%BE%E3%81%AE%E5%B0%84%E6%89%8B

リンク貼れなかったので、コピペしてみて下さい。
[PR]
by pannie | 2010-02-22 13:12 | ブラッディ・マンデイ
吉瀬@折原マヤ、綺麗~~~~~~っ!!


#3はサラっと流して・・・


#4の見所は、マヤの美しさでしたね。
コンテナの間を撃ちながら歩き、音弥と藤丸に「生きろ」と命令。
マヤ自身は、この仕事を最後に足を洗おうと決めていた物の、結局命を落とす。
「最後ぐらい、先生の言う事を聞きなさい」・・・って。
そうか、アナタは先生だったっけ。
加納さんの「また1人死なせちまった・・」&お姫様抱っこ。
決まってました。


ブルータスが、澤北やったとは。
いや、なんかシーズン1の時とは雰囲気が違って、いっつもイライラしてるなってことは感じていたけど。まさかテロリストになってしまったとは。
その理由がどういうことか、来週わかるようですが。やはり死んでしまうのかしら。
子供はどうなるのだろうか。
私は、あの若い女の方だと思ってたんだけどな~。澤北の部下の。


Kが、生きていたのね。
というか、きっと生かしていたのね。大手術でもしたんでしょうか。
それとも、もともと死なない撃ち方だったんかな?
なんぼでも突っ込んでしまうので、ちゃんと説明して下さい。


響は、やはり怪しかった。怪しいと思ってた。
教授って誰やねん。


一番の謎は、折原マヤ。

レディバード:「あんただけの名前じゃない。」
響:「高木藤丸は、折原マヤがマークするとのことです。」

台詞も気になるし、音弥と久しぶりに会った時、どこぞから撃たれて流血したはず。
あれは、いったいなんだったのか・・・音弥は不思議に思わなかったんだろうか。


八木君サイドの動きも気になる。
サードアイと八木君が、どこでどう繋がってくるのか。
魔団の射手の動きが、寝たきりのJに判るのはなんで?
パンドラの箱に拘ってるけど、Jは何をどこまで知っているのか、知る事ができるのか。
女医の存在も、今はなんだか中途半端。
Jが生涯最後に心を許した女・・って設定なのかな。

今回、ここまでの話で何が気に入らないって、霧島ちゃんの出番が少なすぎ!
もっと活躍させて欲しいーっ。
加納さんは、ここからが本領発揮となりそうだけど・・霧島ちゃんは、どう動くのだろう。

高島兄のヤナ奴キャラクターは、私は好きです。
このまま、とことん嫌味なインテリ上司で行って頂戴。
最後は、「いい奴だったのね・・・」って、ホッとさせて貰いたいです。

九条総理の秘書が画面に映ると、
たまごクラブひよこクラブこっこクラブ♪
・・ってCMが頭をよぎって困ります。
[PR]
by pannie | 2010-02-17 00:20 | ブラッディ・マンデイ