とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

タグ:堤真一 ( 3 ) タグの人気記事

孤高のメス

何なんやろうなぁ。
これは、考えさせられるテーマやなぁ。

移植をしなければ、死を待つしかない患者とその家族。
不慮の事故で、突然命を落としてしまった若い男の子と、残された母親。
神の手とも言える確かな技術と、その人柄から絶大な信頼を得ている医師。

私は医師にはなれないけれど、この家族の立場ならどちらにだってなりうる。
自分だったらどう考えるか、どんな行動に出るか。
ただ、この命を助けたいとの一心で判断され実行された行為は、どんなに正しいと
思える事でも、法の壁にはかなわない。

医療の世界には、常識や倫理や感情など・・あらゆるものが絡み合って、簡単に判断できない
事が多すぎる。
脳死の捉え方、移植の年齢。
今クールのドラマ「生まれる。」のテーマにもなっている不妊治療に関してもそう。
何が正しいか、誰にも判断できない、線引きが難しい事柄が多すぎる。

第3者の目線から観る限りでは、当事者が全て納得の上、しかもそうなる事を望んだからこその
決断だったから、この映画の医師の行為は正しい事だったと思える。
けれど、全く知らないところで突然ニュースや新聞でこれを知った場合、私はどう感じるだろう。
そこに行き着くまでの、それぞれの葛藤や感情の揺れ動きを全く知らない場合、正しいと思えるのだろうか。
いつまで経っても答えが出ない、置いてきぼりにされたような気持ちになってしまった。

堤真一さん演じる当麻医師は、観る前はもっと傲慢な人だと勝手に想像していたけど、違った。
穏やかで真っ直ぐで優しくて、確かな腕を持つ。
この医師が来た事で、田舎の医療従事者の治療に向かう気持ちが変わっていく。
医療現場に変化をもたらした、ステキな人だった。

医療技術は、より多くの人へと、その心と共に引き継がれていくべきもの。
この映画に描かれている大学病院の体質や、純粋に患者を救いたいと願う医大生や新米医師の気持ちをそぐような体制が本当ならば、その改善を願って訴える人達の思いは、いつ叶えられるのだろうか。


テーマはずしんと重いですが、柔らかく優しい目線で描かれている、とても観やすい人間ドラマです。
いい映画でした。

公式サイト  http://www.kokouno-mes.com/
[PR]
by pannie | 2011-06-20 10:42 | 映画 (日本)

容疑者Xの献身

昨年末放送の時に録画していたのを、ようやく観終えました。
ドラマ発の映画とかそういう事などまったく関係ない。
この切なさをどうしてくれよう・・。
まさに、「献身」だった。

主演は、福山雅治なのか・・・堤真一なのか・・・?

登場人物全員が、きちんと生かされていて、無駄な人がいなかった。
ダンカンが出てきた時は、ちょっと「?」だったけども、ラストでちゃんとダンカンだった意味が理解できた。それっぽい雰囲気がある人だからこそ、献身の為の行動のインパクトが強くなる。

・・って、ネタバレで感想を書くのがとても難しいお話。
愛あるサスペンスが好きな方には、ぜひともオススメしたい作品です。

日本には、いい製作者・役者が沢山いるな。
そう思えた1本でした。


容疑者Xの献身 公式HP
[PR]
by pannie | 2010-01-07 00:34 | 映画 (日本)

クライマーズ・ハイ



日本アカデミー賞は、『おくりびと』の1人勝ちでした。
まだ観てない(だってDVD発売されてない。劇場行ってない。)ので、何とも比べようがないけど、最優秀助演男優賞に堺さんが選ばれなくて、ちょっと残念。

数年前にNHKでドラマ化されており、それを観ていたのでだいたい内容は判ってました。
若干違うところがあったけど、どっちも面白かった。

御巣鷹山にジャンボが消えたあの日。
真実を伝える為に懸命に走った地方紙・北関東新聞の記者達を描いたこの作品。

事故の全権デスクを任された悠木(堤真一)を中心に動く各担当記者。
現地に出向いたのは、佐山(堺雅人)と神沢(滝藤賢一)。
ジャンボ墜落現場は、想像を絶するものだった。
必死に伝えようと走った二人だったが、あの時代 通信手段は電話のみ。
大手新聞社は無線機を持っていたものの、地方紙は予算が無くそんなものは持たせてもらえない。
なんとか電話を借りて、惨状を伝える佐山・・それを受ける、悠木。
後日、今度は事故原因に世間が注目し始める。
「キタカン」(北関東新聞)が、伝えられたのは何だったのか。

どんなに大きな事件、事故が起きようとも、新聞は毎日決まった時間に刷り上げて
販売所に運ばねばならない。
記者の都合、輪転機の都合、運搬の都合、もろもろの大人の都合・・・
様々な「都合」がぶつかり合う中、どこまで伝えられるか、伝える為にはどうするか。
知らない事ばかりで、いちいち「へぇ!」の連続だった。
あの事故によって、運命ががらりと変わった記者もいる。
反面、どんなに大きな事故も、段々と紙面を占める割合が減っていく現実。
世の中が、日々動いている残酷な感じ。
描き方は淡々としていたけれど、重みのある内容で、ずっしり来ました、

遺族の方々は、この映画をどう観るのだろうと考えました。
堤さんも仰ってましたけれど、興味本位で作れる内容ではない。
私が遺族だったら、この映画をどう思うのだろうか・・。
想像できるわけも無く、私は私で、第三者なりにこの事故をしっかり見ることしかできないのですけど。

この中で、神沢を演じた滝藤賢一さんの迫真の演技は必見。
彼こそが、助演男優賞にノミネートされるべきだと思う。
(ブラッディ・マンデイで、偽医者をやってた人ですよね?)

ドラマもお薦め!





[PR]
by pannie | 2009-02-22 00:24 | 映画 (日本)