とことんマイペースに気ままに、観たものや読んだものの感想を残しておく場所


by pannie
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

輪廻の雨

今、観てます。観ながら書いております。
切ない話です。
新聞によると、救いのないラストらしい。
感想を書く気持ちにはなれない気がしますが、
ちゃんと最後まで観せて頂きます。

なんで、このシナリオが選ばれたんだろうか。


ドラマHP

関連記事

::::::::1/6追記(ネタバレ)::::::::::

兄ちゃん(山本裕典君)が弟(瀬戸康史君)に言い聞かせた
「悪い人は死んで良い人に生まれ変わる」
って言葉が、本心を吐露してしまった兄を刺すという行為に繋がったラスト。
この手のパターンは何度も観て来た展開で、物足りなさが残りました。

「お前さえいなければ・・」と攻められた弟君が、自分が悪い人だと思い込んでしまう展開を勝手に想像していたので、「あらら、そうなの?」と思ってしまいました。
私が勝手に思い込まずに、何も考えずに観ていれば、切なくてたまらないラストだと感じられたのに・・・。


弟君が働く工場のヤな奴(小木茂光さん)の台詞も、障害者をテーマにした作品では
よく聞く台詞。
ところが・・・世の中には、あーいう考えの人が本当に存在する現実があります。
これは、悲しい事です。残酷な言葉です。しかし、そういう言葉をいつ浴びせられても、堂々と怯えることなく生きていく、揺らぎのない信念を持つ母でありたいと思うのであります。
障害がある人は、役立たずなんかじゃない。



教訓・・・
ドラマのラストを勝手に想像してはいけません。
[PR]
by pannie | 2010-01-05 00:17 | ドラマ